わずらわしい結膜炎の症状には

プール熱の患者は、日常生活のなかで不注意にも家族にも感染しがちです。そこでちょっとした注意点。
  • できるだけ、眼科医の処方による点眼薬を使う。
  • 指などで、目をさわらない。
  • 目やにをふきとるときは、タオルではなく、ティッシュを使い、捨てる。
  • 顔などをふくために、家族でタオルを共有しない。
  • 洗面器よりも、流水で顔を洗う。
  • 片方のみ症状が現れた場合は、点眼はその目にのみする。
  • 手や指を、こまめに石けんなどでよく洗う
ウイルス性結膜炎に対する特効薬はありませんので、対症療法と併発症を起こさないようにするための点眼(抗生剤とステロイド点眼剤)をします。

プール熱の予防のためには

  • プールに入る前、そして後の丁寧なシャワーと、洗顔、うがい。
  • プールでは、ゴーグルを着用する。
  • プールから出た後に、目を流水でよく洗うこと。
  • 友人間や、家族間でのタオルの共有をしない。
  • 患者だけでなく、家族もよく手や指を石けんや流水で洗う。
  • 体の免疫力を高めておく。
  • 感染した患者との密接な接触をさける。

プールに入るだけで、感染する可能性があり、わずらわしい結膜炎や、体力を消耗する高熱、食欲不振をまねくのどの痛みをともないます。回復後も、1カ月はプールを避けたほうがよさそうです。

さらに、プールに関する注意点としては、プールの水の成分や、ゴーグルや水着の素材により、アレルギー性結膜炎やアトピー性皮膚炎のある小児では、プールに入ることで症状が悪化することがあります。子供さんのプール利用の際には、病気の予防策に気を配ってあげてください。

*記事への情報協力*
なかむら眼科/中村二郎院長


【高林克枝ガイドの関連サイト】
ガイドのツイッターつぶやきは@digibeau(デジビュー)
オフィスのキレイをサポートするデジタルビューティ・プロジェクト
パソコン疲れ&ストレス解消法ならデジタルヘルスセンター



【目の健康 オススメ人気記事】
 1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
 2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
 3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
 4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
 5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項