脳炎で記憶障害。単純な事も思い出せません!

herpes_simplex"
単純ヘルペスウイルスはこんな形です。
単純ヘルペスは二つあります。口唇ヘルペスは誰でも感染しているウイルスです。成人ではキス病と違って他人からもらったり、感染する事は通常ありません。成人ではと断ったのは、乳児では口唇だけでなくて全身に広がることがあるからです。

単純ヘルペスウイルスにより稀ですが脳炎が起こる事が在ります。ヘルペス脳炎は死ぬことは稀ですが、記憶障害を発病時だけでなくて脳炎から回復後に起こすことがあります。歌手の方が持ち歌の歌詞が出てこないという主訴で診察を受けたら、ヘルペス脳炎だったということがありました。幸いに記憶障害は残らずに歌手を続けています。

ストレスと単純ヘルペス

唇"
唇や口角の水疱は疲労の警告
いわゆるストレスがあると自律神経の平衡が変わります。自律神経系の元締めの視床下部は当座のストレスに対抗すべく内分泌系にも変化を引き起こします。特に、ストレスに対抗するように副腎皮質ホルモンの分泌に変化が起きます。一連の流れでストレスはヘルペス属を抑える力を減弱させます。

具体的には、勤め人ならば、報告書の作成でデートを中止して急な残業。結局徹夜。不可能な目標達成がノルマの営業会議。経費節減で始発電車と新幹線と終電電車を組み合わせた出張。

学生ならば苦手科目の試験勉強。落ちると留年の再試験。ゼミでの初体験のプレゼン。

口唇ヘルペスは顔の知覚神経に潜んでいます。もともと脳神経系は脳血管関門に守られているので微生物は侵入し難い部位です。しかし、一端侵入を許すと免疫系を、悪い奴(微生物)を取り締まる警察に例えると、神経系は一種の治外法権というべき領域です。神経に取り憑いたウイルスをそれでもなんとか抑えていますが、抑える免疫力が低下すると知覚神経に沿って口唇までウイルスが顔を出します。

口唇ヘルペスは治療よりも予防が大切。口唇ヘルペスは心身の疲れを知らせるウイルスともいえます。もし、口角炎になったら抗ウイルス薬よりも休養しましょう。

他のヘルペスウイルスに関するお話。単純ヘルペスII型(type_II)。帯状疱疹後の慢性疼痛。突発性発疹と慢性疲労症候群。AIDS治療とサイトメガロウイルス性網膜症。などは機会があれば別の記事で。


関連リンク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項