花粉症ではいろんな事が起きているんです!

pollen.jpg"
どうしても避けられない……花粉は飛んでくるんです!
花粉症で起きている事を復習してみましょう。

■ 花粉症を発症する前に起きること
  • 花粉を吸い込む
  • 抗体ができる
  • 抗体のうちIgE抗体ができる
  • IgEが肥満細胞と結合する


  • ■ 花粉症を発症する時に起きること
  • 花粉に曝される
  • 肥満細胞についたIgEに花粉が結合する
  • 肥満細胞が炎症に関係した物質(ヒスタミンなど)を放出する
  • ヒスタミンがヒスタミンの受容体に結合する
  • ヒスタミンの受容体を持った細胞が次の反応に進む


  • スギ花粉に限定すれば、花粉の飛散量が少ない地域に転地するのが最も効果があります。しかし、転地するというのはあまり現実的ではない対策法ですね。

    転地以外で花粉症を予防する方法は、上記の各段階を減らす事につきます。効果があるのは、鼻や喉の症状にはマスク。目の症状にはゴーグルをつけることです。

    花粉症は滝に似ています

    iguazu_fall_1.jpg"
    滝の飛沫(しぶき)に相当するのが活性酸素です。
    花粉症には、いろいろな薬が用いられます。花粉症を滝に例えると上流から下流、滝つぼまでのいろいろな段階の流れがあり、このどこかを減らす事は可能ということになります。しかし残念ながら、完全に滝全体の流れを止める事はほとんど不可能です。

    滝つぼの飛沫(しぶき)に相当するのが、今回お話する「活性酸素」。肥満細胞から始まる炎症には活性酸素が関係しています。花粉症で増加することがある好酸球(白血球の一種)は、活性酸素を作る能力が高い細胞です。つまり、この活性酸素を押さえるだけでも、花粉症によって起こる炎症や症状を和らげることができるのです。

    活性酸素を消去する物質は色々あります。摂取して体内の消去能力を増加させる事が判明しているのがポリフェノールです。実際、花粉症に効果があるというポリフェノールが販売されています。

    花粉症の症状の程度は、花粉の飛散量の変動と個人の反応の変動は一致しないので、ポリフェノールの摂取が個人の症状を緩和するかどうかは試してみないと保証できません。まずは身近なポリフェノールを試してみましょう。

    >>次ページでは、活性酸素を打ち消す身近なポリフェノールについて解説します。>>