アトピーに合併する病気に、円形脱毛症があります。男性も女性も、理由が分からないままに髪の毛が抜けてしまうのはツライことです。今回は、アトピーに合併して起きる円形脱毛症について説明します。

円形脱毛症とは?

髪の毛が抜けますのでつらい症状です(慈恵医大皮膚科提供)
円形脱毛症とは、名前の通り、突然髪の毛が円形状に抜けてしまう病気です。なかなか治りにくく、再発を起こす傾向もあります。皮膚科を受診される患者の約1~4%を占めていると言われています。

原因は様々ですが、「毛に対する免疫」の異常で起こってくるという説が有力です。免疫が関与していますので、アレルギーとの関連が指摘されています。他に、ストレスが原因になるとも言われいます。

  • 単発型(1箇所に脱毛)
  • 多発型(数箇所に脱毛)
  • 全頭型(頭全体が脱毛)
  • 汎発型

に分けられています。最近は、脱毛の面積によって分けることもあります。

■発症年齢:10から40歳代にピークがあります。
■男女比は、国や地域によって様々ですが、やや女性に多いと報告されています。
■日本では、4~10月に多いため、新年度に伴うストレスの影響かもしれないとも言われています。

アトピーとの深い関係

円形脱毛症には、「アトピー性円形脱毛症」という病気の名前があるぐらい、アトピーと密接に関係している病気です。

円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つと言われ、54%が本人もしくは親、兄弟にアトピー素因が認められます(勝岡先生の報告(1999))。特に、再発しやすく治りにくい円形脱毛症の場合は、よりアトピーや喘息を合併していることが多いと言われています。

次のページでは、円形脱毛症の治療方法をご紹介します。