冷し中華はサラダ感覚で。生野菜2.5カップで炭水化物10g,50kcalです。
冷し中華はサラダ感覚で
生野菜2.5カップで炭水化物10g,50kcalです。
夏になると水着が気になるせいか、あわててダイエットに走る人が増えます。
「わたし、ダイエット中なの」と言って、生野菜サラダばかり召し上がる女性がいますが、このラビット食は予想以上にリバウンドがきついのです。
なぜかと言うと、中身が空っぽで食事になってないからです。


悲しいサラダ、ハッピーなサラダ

イタリアの食品スーパーには「イタリアン・サラダドレッシング」がなぜ無いの?
正解は「使わないから」です。では、イタリアン・サラダドレッシングって、一体なんなのでしょう?
この正体を明かしましょう。
イタリアのグリーンサラダは肉料理の後の、口直しに出てきます。脂ぎった口をさわやかにするためですから、日本の普通の玉レタスでは役不足で、ルッコラとかラディッキオ、チコリ、クレソン、ダンデリオン(タンポポ)などの野草っぽい、苦味の強いサラダ菜の若葉がとてもよく合います。
ドレッシングはふつうのオリーブオイルとビネガーです。これがイタリアン・グリーン・サラダです。

アメリカンスタイルのサラダはアペタイザーとして食前に多く使われて、食欲をそそるパリッとしたアイスバーグレタスやトマト、キウリが定番になります。
これにイタリアの野草っぽい、パンチの効いた味付けをしようと考案されたのが「イタリアン・サラダドレッシング」なのです。
実はイタリアで本当に使われているドレッシングではなくて、地中海の苦い、香りの強いグリーンの風味を、ドレッシングで真似をしようとしたものです。
だから苦いサラダ菜の豊富なイタリアでは、こんな味つけのサラドレは要りません。

おやおや、私は料理のことになると妙に詳しくなる癖がありますね。イタリアンサラダについてもっと知りたい方は、私の『河合勝幸のおいしくてきれいになる地中海スローフードレシピ』日経BP社1,400円という、長いながーいタイトルの本をご覧ください。新刊です。

日本のサラダはアメリカから入った料理ですから、アイスバーグレタス(玉レタス)にトマトやスライスしたキウリを散らした程度でしょうか。

これにはとても大切な2つのものが不足してます。

  • ビタミンやタンパク質などの栄養素
  • カロリーがあまりにもありません

    これではリバウンド間違いなしです。
    もしカロリーが気になるのなら、一つひとつに気配りが欲しいですね。見るべき栄養素のない玉レタスに、大さじ1杯で80kcal(脂肪8g)の市販のサラダドレッシングを和(あ)えたのではなんにもなりません。
    いかに少ないとはいえ、これでは無駄なカロリーの取り方です。こんな工夫はいかがですか?
     
  • 生野菜サラダ=玉レタスの思い込みを打ち破りましょう。シュウ酸の少ないサラダ用のホウレン草もいいですよ。緑の濃いサラダ菜がお薦めです。ビタミンもミネラルも豊富です。
     
  • サラダ菜を主体にするのではなく、材料のone of themにしてしまう。カラフルで栄養たっぷりな野菜、たとえばレッドキャベツ、カラーピーマン、ミニトマト、ニンジン、マッシュルーム、ビーツ、タマネギなどをたっぷりと。
     
  • 食事なんだからタンパク源を忘れずに。柔らかくゆでた豆があると理想的ですね。レトルトだって缶詰だっていいのです。
    私の大好物はレンズ豆のサラダです。これは前もって水に浸す必要のない豆で、30分もあれば煮えてしまいます。
    ローファットのチーズホワイトツナ(まぐろ)の水煮もお薦め。
    意外なものでは、ローストした小麦胚芽が生サラダのトッピングにぴったりです。これで栄養バランスがとても良くなります。
     
  • ドレッシングはどうしましょう?
    ローファットあるいはノン・ファットのものがありますね。レモン汁だけ、あるいはバルサミコ酢もお薦めです。

    >>外食時のサラダダイエットの心得は次のページで考えましょう。>>