リンゴ
リンゴは腎臓結石にも安全な果物です
糖尿病医から食後血糖が上がりにくい玄米や全粒粉パンを食べるように言われていたのに、腎結石症になったら、白米や真っ白いパンにするようにと泌尿器科医に言われてしまいました。どうしましょう?

日本の成人の6人に1人は糖尿病かその予備軍ですし、肉食文化のアメリカでは男性の10%、女性の3%は生涯に1度は腎臓結石になるそうです。合併症ではありませんが併せ持つ可能性は大きいですね。日本の食生活も欧米化してますから。


糖尿病は腎臓結石のリスクを高める

2006年4月、アメリカのミネソタにあるメイヨークリニックから、「腎臓結石を砕くために超音波の衝撃波破石術を受けた人」は高血圧や糖尿病になりやすいという観察研究が発表されて話題を呼びました。初期の装置の精度が低かったので、腎臓の血圧調整機能や、すい臓を損ねたと考えられています。もちろん、現在の同手術はより安全になりましたが。これは腎臓結石から糖尿病に、という話です。

同じメイヨークリニックから今年3月に、糖尿病者は腎臓結石になりやすいという論文が出ました。
[the American Journal of Kidney Disease]

3500人の患者を20年にわたってモニターしたところ、糖尿病者は糖尿病のない人に比べて40%も尿酸結石になりやすく、9%カルシウム結石になりやすい結果になりました。

世界的に腎臓結石(尿路結石)が増加しているのは分かっていましたが、今回の研究は糖尿病のまん延がその原因のひとつであることを示唆しています。

別の研究では肥満と腎臓結石の関係が明らかにされています。肥満の男性は1.4倍、同じく女性は2倍も腎臓結石になりやすいのです。これはアメリカの医師やナースら25万人を40年以上も追跡した結果ですから信用度は抜群です。ウエストサイズと腎臓結石の相関も認められています。
[JAMA.2005.January 26]

いろいろ調べてみたらインスリン抵抗性にどうやら原因があるようなのです。いまホットな話題のメタボリックシンドロームと同じですね。内臓脂肪の肥大がインスリンの作用を低下させる。そうすると肝臓や腎臓の機能が落ちてアンモニウム(アルカリ性)が十分に生成できない。尿がより酸性化して尿酸結晶を核として結石へと進む。こんなストーリーがPubMedに載っていました。

ところで、尿路結石には種類があります。約80%が主にシュウ酸カルシウムの結石、5%が尿酸、2%がシスチンと『メルクマニュアル』に書いてあります。全粒穀物を控えるのはシュウ酸を減らすためです。

>>次ページでシュウ酸を多く含む食品を調べます。>>