どうすれば2型糖尿病の予防が出来るかは、もうご存知ですね。それは5~7%の減量と一日30分のエクササイズです。でも言うのは簡単でも実行するのは困難です。その本当の理由を理解しましょう。

糖尿病予防の基本は、既に目一杯働いてインスリンを作っているすい臓のベータ細胞を守ることです。そうしないと少しずつ壊れ始めてそのまま2型糖尿病になるからです。

現代人のように食べ過ぎ、運動不足で太ると肝臓や筋肉、お腹の内臓脂肪に「脂肪」がどんどんたまってしまいます。こうなるとインスリンが十分に作用しなくなってしまいます。そうするとベータ細胞がフル稼働するようになるので、何はともあれ減量することが大切なベータ細胞を保護することになるのです。
そのためには次のようなことから始めましょう。
ポイントは「カロリーを減らしてヘルシーに!」です。


食事のボリューム編:まずポーションサイズを減らしましょう

トランプステーキ?
トランプステーキ? 肉でも魚でも、トランプ1組の大きさで十分です
#1
なんと言ってもお皿に盛り過ぎないこと。

#2
肉、鶏、魚は90g、すなわちトランプ1組の大きさで十分。それ以上は食べ過ぎですよ。

#3
たっぷりに見せる盛り付けのセンスを。

#4
調理中や後片付けのキッチンでの、無意識のつまみ食いにご注意!

#5
きちんとした食事やスナックを、1日の中で規則的に取りましょう。

#6
毎日、朝食を取ることを忘れずに。

#7
ハム、ベーコンのような塩漬け肉やスープの素は控えめに。(低塩を心がける)

#8
デザートは分け合いましょう。

#9
レストランではまず野菜サラダをたっぷりと。メインディッシュは仲間と半分こにする、あるいは半分を包んでもらってお土産に。食べ始める前に頼むのがスマートですよ。

#10
ロー・ファット・クッキング。たとえば網焼きやテフロン鍋で焼く。あるいは炒め物には油を減らして少しスープを加えるなどのテクニックがあります。

#11
食欲をなだめるために、食事の10分前にグラス1杯の水を飲む。日本では茶腹も一時(イットキ)と言いますね。

#12
ファストフードでもヘルシーチョイスを。チーズバーガーの代りにチキンのグリルを。フレンチフライ(ポテト)はパス、あるいはサラダに取り換えよう。

#13
食事中はテレビを消して音楽を流すように。(テレビを見ながら食べると、つい食べ過ぎてしまうのです)

#14
胃の満足感が脳に伝わるのに20分は掛かります。ゆっくりと召し上がれ。

#15
かわいいお子様ランチ風はいかが?

#16
ティースプーンで食べる。サラダ用の小さいフォークを使う。もちろん、器もワンサイズダウン。口も小さく開いて気取って食べる。(ん?)

#17
大好きなものを諦めることはありません。でも、ちょっとポーションを小さくして、回数も減らすのはどうでしょう?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項