男性に多いアルコール依存症。しかしアルコールに弱い女性の場合も、軽視できない問題です
アルコールは良い面、悪い面がある諸刃の剣です。

良い面としては、社会生活を送る上での潤滑油となり、恋人同士でロマンチックな時間を過ごすこともできます。また、少量の飲酒は心血管系に良いなど健康上の効能もあります。

アルコールの悪い面は、急性中毒、依存症、飲酒運転、暴力行為など様々な問題があることです。こうした問題には誤解されやすい点もいくつかあります。例えば、「アルコール依存症は心の病気」だという意識があまり無い方もいるかもしれません。

アルコール依存症は男性に多いとは言え、女性にも起こります。今回は、アルコールの問題として、特に「キッチンドリンカー」と呼ばれる、女性の飲酒問題について述べたいと思います。


女性は男性より依存症になるのが早い?

アルコールに対する強さには性差があります。同量のアルコールを飲んでも、体内の血液量が少ない人は血中アルコール濃度がより高くなります。

女性は男性より平均的に体格が小柄で、脂肪の割合が多いので、体内血液量は少なく、アルコールの作用がより強くなる傾向があります。また、女性ホルモンは肝臓でのアルコールの分解を阻害するので、女性は男性に比べてアルコールに弱い傾向になるのです。

こうした体質的な原因で、一旦病的な飲酒を始めてしまうと、女性は男性よりも早く依存症を発症しやすいのです。これに加え、妊娠中の飲酒は胎児の成長に悪影響を与えるといった大きな問題も指摘されてます。

長期間にわたり飲酒を続けると、飲酒の量、回数に応じて、心理的、身体的にアルコールに対する依存が生じます。アルコールへの依存が重くなると、飲酒へのコントロールが効かなくなり、以下のような症状が出現して来ます。

  • 飲酒後の罪悪感
  • 最初の一杯で終わりのつもりが、とことん飲んでしまう
  • 飲酒中やその直後の記憶がない
  • 朝から飲んでしまう
  • 暴力行為をしてしまう
  • 仕事や家庭で深刻な問題が生じている
  • 周りの人から飲酒を控えるように忠告される


  • >> キッチンドリンカーになる原因と背景については次のページで >>