寒冷蕁麻疹の予防法・対策法…まずは寒冷刺激を避けること

onsen_in_nachikatsuura,_japan"
気持ちいい冬の露天風呂にも御用心!
寒冷蕁麻疹の予防は、なんといっても皮膚温度の急な下降を避けること。とはいっても下手に厚着をすると、暖房が強い場所で発汗し、冷たく乾燥した外気にふれて汗が蒸発したときに、結果的に寒冷刺激を受けてしまうことになります。

特に女性の場合は、ワンピースなどは温度調節に不向きです。寒冷蕁麻疹による痒みが起きやすい人は、できれば首元の温度変化を避けるためにハイネックを着用し、マフラーなど巻物を併用するとよいでしょう。上半身の温度調節ができるようにセーターよりもカーディガン。足の寒冷刺激を避けるためにスカートよりもパンツルックがオススメです。

寒冷蕁麻疹による痒みの治療法は「暖めること」

たかが蕁麻疹、寒冷蕁麻疹と侮ってはいけません。寒冷蕁麻疹で起きている反応は、部位は限定されていますが、いわゆるアナフィラキシーショック(アナフィラキシー様ショック)と同じ反応です。全身に広がり呼吸困難を起こすような状態になれば、救命救急措置が必要な事態になることもあります。

寒冷蕁麻疹を起こした場合の治療は、寒冷刺激を取り去ること。すなわち、体を暖めることにつきます。薬物療法の有効性については効果の判定が難しいので私は積極的にはお薦めしません。
  • 屋外で起こした場合は、とにかく暖かい建物中に入りましょう
  • 入浴後に脱衣場で起こすような場合は、ホテルなどにあるようなガウンを使って体温低下を防ぎましょう
  • ジョギング後に起こすような場合は、暖かい建物の中から走り始めて最後も建物の中で走り終わるようにしましょう

寒冷蕁麻疹は寒冷刺激がなくなれば、消えるのが普通です。寒冷刺激が無くなった状態で蕁麻疹の状態が持続する場合は、寒冷刺激とは異なるきっかけの可能性がありますので、皮膚科を受診しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項