写真のタイトル
「来週は海へ!」なんて焦るあまりに過激なダイエットを選択しないように!
今、ダイエットをしていませんか?海やプールが楽しいこのシーズン、急ピッチでダイエットをしなくちゃ!と焦っている人もいるかと思います。しかし、ダイエットで体重が減ったとしても、肩こり体質になってしまうことがあります。

そこで今回は、肩こり体質になる危険なダイエットについてお話します。ワンポイントアドバイスで、肩こりになりにくいダイエットを心がけましょう!

<CONTENTS>
  • 肩こり体質への危険信号、気づいていますか?-p.1
  • 肩こりになりやすいダイエットとは?-p.2
  • 納得!ワンポイントアドバイス-p.2


    肩こり体質への危険信号、気づいていますか?

    最近は、いろいろなダイエット情報がすぐに収集できますよね。しかし、すぐそこに迫っている夏本番に間に合わせようと、急激にダイエットをした場合や、間違ったダイエットを今まで続けてきた場合に、体にとって悪い変化が起こります。その中の1つに、「肩こり体質へ近づいている」「肩こり体質になってしまった」ということが挙げられます。ダイエットを始めてから、下記のような症状はありませんか?心当たりのある方は、肩こり体質への危険信号です。

    ■要注意!肩こりに関わるこんな症状■
    1. 体がだるくて疲れやすく、何もする気がしない。

    2. 休み休み階段をのぼるようになった。

    3. 体が冷えやすくなった。

    4. 気分が沈みがちになったり、精神的に不安定になった。

    5. 今まで無かったが、首、肩、背中にコリを感じるようになった。

    6. 今まであった首、肩、背中のコリが悪化してきた。

    7. 少し走っただけで、息切れがするようになった。

    8. カバンや物を持つことがつらくなった。

    9. ふらふらする。
    ひとつでも当てはまったら、あなたのダイエットは健康的に行われていない可能性があります。不健康な状態では、この夏の暑さで体が参ってしまい、せっかくダイエットしたのに海や旅行を楽しめなくなるかもしれません。すぐに、今のダイエットを見直しましょう。

    >>次のページでは、肩こりにになりやすいダイエットとは?そして、ワンポイントアドバイスをご紹介します!>>