インフルエンザへの対処

1) 予防

予防は風邪とほとんど同じですが、一番の予防はワクチンの接種です。でも今年はもう品薄で手に入らないようなので、違う方法をお教えしましょう。インフルエンザは人間の体の細胞にくっつくことによってそこで増殖をします。そこで体にくっつくのを防止する飲み物があります。緑茶です。よって冬の飲み物は緑茶をお薦め致します。また薬でも画期的な新薬「タミフル」が昨年発売され、罹っても48時間以内に服用すればかなり症状が軽減される薬剤が病院で処方できるようになりました。ほとんどの病院では採用になっていると思いますので一度、ドクターに聞いてみてはいかがでしょうか?


中外製薬ホームページ


2) 引いてしまったら

上記の薬剤を出来るだけ早く服用して暖かくして寝るのが一番です。外に出ることも家の中でうろうろするのもよしてください。あなたの体のためと他の人にうつるのを予防するためです。

まとめ
今回は不妊治療というより風邪とインフルエンザのお話になりましたが、とにかく罹らないように気をつけてください。予防の部分や生活の習慣でずいぶん風邪を引く確率は減りますのでご自愛ください。冬はある意味、男性にとっては精子も出来やすく、男性因子的には好条件なのですので風邪やインフルエンザさえうまく克服すれば待望の赤ちゃんもすんなりと出来るいい時期だと思います。クリスマスや年末年始のロマンティクなイベントもありますしね♪

【風邪・インフルエンザ関連記事(ガイド記事より)】

抗インフルエンザ剤と迅速検査



あなたの一票にもご参加いただけるとうれしいです!!

※みなさまからの“ひと言メッセージ”お待ちしています。「おもしろい」「まだまだ物足りない」「まったく意味がない」等、思ったことをひと言だけでも頂ければ幸いです!遠慮なくどうぞ。
sterility@im.allabout.co.jp
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項