・お風呂上りはマッサージ。

マッサージをすると血流が良くなり、皮膚を刺激することによって神経をリラックスさせ、体全体を活性化します。また、筋肉をやわらかくして疲労改善にも役立ちます。
マッサージはまさに万能選手!

そして冷え症の人のマッサージのポイントは「足と腰」。
足は、土踏まずを中心に、腰は腰に手を当てたときに親指がくるあたり(仙骨)と足の付け根(そけい部)を中心にすると効果的です(←そけい部にはリンパ節という老廃物の集まるところがあるのです)。
押してももんでもさすってもかまいません。皮膚を刺激するだけでも効果があるのですね。
とにかくじぶんにとって心地よいやり方でマッサージしてくださいね。


・冷え症に良いスポーツってなあに?

一般論からいうと、下半身を無理なく動かせるもので、継続できるものが良いといわれています。
例えばウオ―キング、ジョキング、サイクリング、水泳などです。
じぶんのペースで、やり過ぎないようにはじめてみましょう。


・水泳の落とし穴

水泳の後に体が冷えてしまったという経験、実はありませんか?
水泳は体にいいスポーツですが、初心者があまり動けないまま水につかっていると、30分ぐらいで体が冷えてしまいます
お勧めは、30分泳いだら、あがって体を拭いてジャグジーなど、あったかいお風呂につかることです。
あったまったところで、また冷たい水に戻って泳ぐと、「温水浴」になり冷え症改善に一石二鳥!なのです。


さて、4回にわけて冷え性改善計画をお送りしましたが、いかがだったでしょうか。
ポイントは「無理なく」、「ゆっくりと」実行することです。今年から始めて、来年の冬に効果が実感できるくらいのゆったりした気分で一緒に冷え症改善に取り組みましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項