結石をできにくくするにはどうすればいいの?

食事が大事!
食事が大事!
結石には食事の影響が多くかかわっているといわれていますので、まずこれを見直しましょう。

具体的には水分をとって尿が濃縮しないようにする、お砂糖が多い清涼飲料水はカルシウムが尿中に出てきやすくなるので控える、結石の成分であるシュウ酸を多く含むコーヒーや紅茶、緑茶よりも、麦茶や番茶、ウーロン茶にする、アルコールや塩分を控えめにする、などになります。

また、昔はカルシウムを取り過ぎないようにといわれていましたが、現在では、かえってカルシウムをしっかり摂った方がよいと考えられています(600~800mg/日)。実は結石の生成には、カルシウムよりも尿中のシュウ酸の濃度が大きく関与しており、尿中の尿中のシュウ酸の濃度を上げないようにするためには、カルシウムをしっかり取るほうが効果的なのです。

さらに、食事から脂肪をとりすぎると尿中シュウ酸値があがるのでNGですが、逆にマグネシウムやクエン酸は結石を抑えるといわれています。

バランスのよい食事が重要なのですね。



*関連おすすめINDEX*
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項