レーザーはどんな治療で使われる?

一般的な歯科用レーザーは次のような治療に使用されています。

  • 虫歯治療
    レーザーを当てることによって、虫歯が蒸発して、さらに歯の表面が硬くなり虫歯になりにくい状態にすることが期待できる。特に初期虫歯には効果的です。

  • 知覚過敏
    知覚過敏の原因となっている、歯の根元付近の象牙質に、レーザーを当てると、内部へ刺激を伝える通り道を機械的に塞ぐことができるため、知覚過敏が解消されることがあります。

  • 口内炎
    口内炎が翌日から数日で改善することがあります。

  • 歯茎の形を整える
    歯茎を切開したり、形を修正するときなどに用いられる。歯肉の黒ずみなどもレーザーによって綺麗にすることができます。

  • 歯周病の炎症を落ち着かせる
    歯茎が腫れた時に、歯周ポケットにレーザーを照射すると歯周病菌などが減少したり、内部に溜まった膿が出やすい状態になったりするため、腫れが落ち着きやすくなります。

  • 根の治療
    歯の根の内部にレーザーを当てると内部の細菌が減少したり、内部の乾燥などもできるため、根の治療に役立ちます。

歯科用レーザーは、種類も豊富で、応用範囲が非常に広く、これ以外もさまざまな治療で使用されています。さらに今後もいろいろな効果が期待されています。

-関連リンク-
知覚過敏の3つのチェックポイント!
「歯がしみる~」知覚過敏は自然に治る!?
歯茎の黒ずみは治る?治らない?
チョット知りたい! インプラントって何?
これだけは知っておきたい! 口内炎


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項