レーザーも今や私たちの身近な家電やパソコンのディスク読み取りなどに使用されているのをご存知でしたか? 最近では歯医者さんでも専用のレーザーを治療に使っている所もあります。今回は一般的な歯のレーザー治療について解説します。


虫歯をレーザーのみで治療できる?

レーザー機器
現在レーザー治療は、保険請求ができないため、自費負担になる場合もあります。
確かにレーザーは、回転器具で削るときのような、歯に伝わる嫌な振動がまったくありません。しかも麻酔なしでも痛くないことも多く、振動や痛みが苦手な方に最適です。

しかしレーザーは光で歯を削るため、回転器具のように歯を正確に削ることが少し苦手です。そのため、歯を被せたり、金属をはめ込むように作るのは、あまり向いていません。むしろ虫歯が小さめなときに行われる歯に樹脂などを詰める治療で多く使用されます。

大きな虫歯の治療では、レーザーのみでなく、注射麻酔と回転器具を使用するのが一般的です。


レーザー治療で期待できる効果とは?

レーザーは媒体によって、、固体レーザー、(ヤグレーザー(Nd: YAG))、ガスレーザー(炭酸ガスレーザー)など、種類によって得意分野が少し異なっていますが、主な歯科レーザーはには、主に次のような効果が期待できます。

  • 殺菌効果
    瞬間的な高温が細菌なども一瞬で蒸発させるため、虫歯や歯周病菌などの細菌が原因でおこる病気に効果が期待できます。

  • 止血効果
    レーザーが組織を瞬時に蒸発させるため、歯肉を切っても出血が起こりにくく、止血と殺菌効果が同時に得られます。さらに術後の痛みが出にくいなどの特徴があります。

  • 麻酔効果
    レーザーを照射すると、麻酔をしなくても治療できる範囲が増えることがあります。ただし一般的な注射麻酔ほどの強い麻酔効果ではありません。

  • 歯の切削効果
    少しだけであれば歯を削るように穴をあけてゆくことができます。ただし、回転器具で削る場合よりもかなり時間がかかります。

レーザーのエネルギーが組織に吸収されると、瞬間的に高温となりその部分の水分の消失、蒸発して、炭化が起こってきます。

そのため歯科用レーザーは、照射時間を連続ではなくパルス状として、1回の照射をごく短時間として、組織の温度の上昇や痛みを抑えています。またエネルギー量もコントロールできるようになっています。

次のページでは、レーザーはどんな治療で使われる?に続きます。