歯磨きしてるのに虫歯ができるのはなぜ?

歯磨きしているのに虫歯

歯磨きしているのにまた虫歯!? 気をつけているつもりでも虫歯になる原因は?

普段たくさんの虫歯治療に当たっていると、生活習慣が原因と思われる虫歯が多いと感じます。生活習慣が改善されなければ、治療しても残念ながら再発を起こしてしまうことが少なくありません。今回は特に気をつけていただきたい、虫歯の原因となる生活習慣をワースト5の形式でまとめました。当てはまるものがないかまずはセルフチェックを行い、上手な虫歯予防に活かしてください。
 

虫歯の原因第5位:間食

虫歯になりやすい間食

間食は、歯を休ませるチャンスを逃します。

虫歯は、酸によって歯が溶けることでできていきます。歯が溶ける原因は主に2つ。1つは酸性食品を摂取することで食品自体が歯の表面をわずかに溶かす「酸蝕(さんしょく)」によるもの。もう1つは歯の表面に付着したプラーク中の虫歯菌が砂糖などをエネルギーとして取り込み、細菌が出す酸によって歯が溶ける「う蝕」です。

食後はどちらも歯の表面がわずかに溶け出し、虫歯になりやすい状態になりますが、食後の数時間にわたって、「唾液の再石灰化」が行われ、溶けた部分が自然に修復されます。そのため、食事と食事の時間をあけた方が虫歯予防になります。逆に、間食を頻繁にしてしまうと、食後に溶けた歯が修復される時間がなく、少しずつ歯が溶けたり、虫歯が進行したりしやすくなるのです。
 

虫歯の原因第4位:歯磨き不足

「ちゃんと毎回歯磨きをしているのに、虫歯ができてしまう」という人がいますが、歯磨き不足は虫歯の原因の定番です。歯磨きは毎日同じように繰り返されるため、磨き方の癖によっては知らないうちに、同じ場所にプラークが残り続けてしまいます。

プラークは、歯の表面にいつの間にか付いている白い塊で、虫歯菌や歯周病菌が集まって作られます。プラークが糖類をエネルギーにして出す「酸」は、付着している部分のみを溶かします。また、水でゆすいだぐらいでは落ちないほど強力に歯にへばりついています。

このためブラッシングによってプラークを機械的に除去する必要があります。プラークがなくなれば、歯の表面を溶かす酸も放出されなくなるため、理論的には虫歯にはなりません。しかし、磨き残しによるプラークがあると、ここから虫歯が進行していきます。

もしあなたが「歯磨きをしているのに虫歯になりやすい」傾向があると感じるなら、かなりの確率で歯磨き時間が短すぎるか、しっかり磨けていない可能性が高いと考えた方がよいでしょう。
 

虫歯の原因第3位:歯ぎしり

歯ぎしりも、実は虫歯の原因になります。虫歯を悪化させやすく、なかなか止めることのできない生活習慣の一つです。本来であれば歯を休ませる時間帯になる就寝中に、日中よりもハードに歯をかみ合わせるため、衝撃で歯の表面に非常に微細なクラック(ひび割れ)が入ります

このクラックに虫歯の細菌が入り込んでしまうと、歯ブラシの毛先の先端ではもはや届かない状態になります。さらに歯が細かなひびだらけになってしまえば、容易に歯が溶けて穴があき、周囲に広がりやすくなってしまいます。

歯ぎしりは自分で防止するのは難しいため、マウスピースなどを利用するか、歯ぎしり以外のプラークなどを抑えるといった予防法を心がけるようにしましょう。
 

虫歯の原因第2位:就寝前の飲食

「虫歯は夜作られる」……そんな風に言われるぐらい寝ている時間は危険な状態です。就寝中は唾液分泌が減少するため、唾液のもつ酸性を中和して歯を保護する機能や、食事やプラークによって溶かされたエナメル質などの自己修復を行う機能が働かないため、無防備な時間帯になります。

もし就寝前に酸性の食品や飲料などを摂取したり、歯を磨かずに糖類などを摂取すれば、歯の表面が酸性食品によって柔らかくなった上にプラークの活動も活発になり、さらに防御機能も低下したトリプルパンチの状態となります。

就寝前には必ずプラークをきれいに落とし、栄養分となる飲食をできるだけ行わないようにすることは、虫歯リスクを低下させることにつながります。
 

虫歯の原因第1位:歯に物が挟まったままになりやすい

歯に食べ物のカスが挟まる原因は、歯と歯の間隔に隙間ができて、ゆるくなっているためです。歯はかみ合わせの力によって自然に移動するため、いつの間にか物が挟まりやすくなることがあります。歯にものが挟まると気になるので楊枝などで取り除きますが、次第に面倒になったり、違和感が麻痺してそれほど気にならなくなります。

食べカスにプラークが付着した状態は、栄養が補給され続けるため、休みなく歯を溶かし続けます。そのため、数カ月で大きな虫歯になることもあります。さらにどんどん挟まる量が増えていけば、歯と歯の間の歯ぐきに押し込まれていくため、虫歯だけでなく歯周病も加速度的に悪化していきます。

虫歯になる前に楊枝やフロスなどで取り除く癖をつければ、虫歯や歯周病を予防できます。しかし歯にわずかでも虫歯の穴があいていれば、フロスの届かない穴の内部に虫歯菌が入り込んでいるため、次第に歯と歯の間の水平方向に穴があいていく「トンネル虫歯」が進行することになります。しかも症状が現れずに大きな穴になってから気がつくことになるため注意が必要です。

これらの生活習慣の改善も意識して、効果的に虫歯予防をしてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項