親知らず抜歯をすすめられるのは不安?

「親知らず」抜歯しても腫れない人と腫れる人がいるのはなぜ?

親知らずがこの程度見えていないと、抜いた後に腫れるかもしれません
 

親知らずが痛くなり、歯科医を受診すると、抜いた方が良いとの診断。でも親知らずを抜いた後はひどく腫れて大変そうだ……というイメージで抜歯を躊躇してしまう人もいるかもしれません。今回は親知らずを抜いた後の腫れについて解説します。

<目次>  

親知らず抜歯後は腫れる? 親知らずの生え方で変わる腫れ方

親知らずを抜く場合でも、必ず腫れるわけではありません。親知らずの生え方などによって、腫れやすくなる場合があります。

■親知らずが外から見えない場合
歯茎の中に隠れていて、さらに顎の骨の中に潜り込んでいるような親知らずは、抜く際に、歯の周囲の骨を一部修正してから取り出します。このように骨などを削って歯を取り出さなければならない場合には、抜いた後に腫れる場合が多くなります。

■親知らずが見える場合
親知らずが普通の歯と同じように生えている場合は、腫れたとしても軽微で済むことが多くなります。ただし虫歯などで歯がボロボロになっている場合は、隠れているときと同じように歯の周囲の骨を修正してから取り出すため、腫れることもあります。

■下の親知らずの場合
下の親知らずは、上に比べると骨が硬くてがっちりしています。親知らずも骨の中に埋まっていることも多く、骨を修正しなければ抜けないこともしばしばです。さらに抜くのにも時間がかかることあります。上に比べると、抜いた後に腫れやすいといえます。

■上の親知らずの場合
比較的腫れにくいことが多いのですが、親知らずの位置が、すごく奥の方であったり、骨の中に完全に隠れてしまっているような場合は、抜くのにも時間がかかり腫れることもあります。 一般的に下の骨にもぐっているような見えない親知らずを抜いた場合は、抜いた後に腫れるのが普通です。
 

親知らず抜歯後の腫れへの対処法

親知らずを抜いた後に腫れてしまったときに覚えておくと良いことは、次のようなことです。

■抜いた後は痛くなるの?
骨の中に埋まっていたような親知らずを抜いた場合など、治療後麻酔が切れてくると2~3時間後に痛みが出てくることがあります。痛みを感じる前に、薬を飲むように指示されることもあります。通常は2日~1週間程度で落ち着いてきます。

■どの程度腫れるの?
個人差や抜く歯の状態に左右されます。ほとんど腫れないこともあれば、握りこぶしが入っているかのように腫れてしまうこともあります。

■腫れはいつまで続く?
腫れがそれほど大きくなければ、1週間程度で落ち着くことが多いですが、大きく腫れると2~3週間程度かかることもあります。

■冷やしたほうが良い?
腫れそうな感じがしたときは、早めに外側から冷やしましょう。ただし冷やしすぎは良くありません。ジェル状の熱を吸収するシートなどを利用するか、保冷材などをタオルでくるんで適度に冷やすと良いでしょう。

■顎の感覚が無くなった?
まれに、顎の奥で親知らずと顎の中の太い神経が接触した状態になっていることがあります。この親知らずを抜くと顎の感覚が無くなったりすることがあります。この場合、感覚が回復するのには時間がかかります。

■抜く人の腕が悪いと腫れる?
そんなことはありません。どんな名医でも、全ての親知らずの抜歯で、腫れない保証することは困難です。また同じ人が抜歯しても、抜いた場所によって腫れる、腫れないといったことがよく起こります。腫れは、抜歯後の生体反応として現れるためです。

腫れてしまったときは、大変かもしれませんが、安静にして腫れが治まってくるのを待つようにしましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項