インプラント治療のトラブル防止について…

インプラント治療では、抜いた歯の場所に新たな人工の根を作ることができます。今までは選択肢すらなかった治療を受けることができるのです。しかし自分の骨の中に金属の根を埋め込むといった手術を伴うため、通常の歯の治療以上にリスクを伴います。

現在のタイプのインプラントは、概ね20年以上経過して症例数も増え、データの蓄積も豊富となり、以前に比較しても治療の成功率も格段に向上しています。そのためまず手術の前に、十分な検査や検討を行なうのが一般的になってきました。

ただし今でもインプラント治療でのトラブルはゼロではありません。このためインプラント治療を選択する際には、治療前にカウンセリングを利用するなど、リスクなども含めて十分説明を受け、納得してから行なうことがトラブルの防止となります。



-関連リンク-
今さら聞けない?! 歯を抜いてそのままにしたら…
保険vs自費!白い被せものの違いは何?
「効率的な歯磨きの方法とは?」
「歯の資産価値を考える」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。