咬み合わせの調整が難しいわけ

咬み合わせの調整
咬み合わせの調整は、そのぞれの許容範囲に納まるようにバランスを調整する
咬み合わせの調整は、咬み合わせた時に掛かる力や方向、歯の負担などをコントロールできるため、さまざまなバランスを合わせる必要があります。
  • 歯や根の形態

  • 小さな歯に大きな力が掛かる咬み合わせは歯を痛めます。また根の形態や長さにあわせた力の配分に合わせる必要があります。

  • 骨の密度

  • 一般に上あごは密度が低く、下あごの骨は密度が高いため、咬み合わせの力の配分の際の参考にすることもあります。

  • あごの動きや位置

  • 単に咬んだときは問題なくても、奥歯で物をすり潰すような、あごの動きに対しても邪魔にならないように、調整する必要があります。

  • 上下的な位置関係

  • 整った歯並びに対して上下的に伸びている歯や、その反対に埋もれて見える歯など、歯並びに乱れがある場合、調整が必要なこともあります。

  • 水平的な位置関係

  • 頬っぺた側の外側にある歯や、舌側の内側にある歯など、歯並びなどの乱れがある場合にも負担が掛かることがあり、調整が必要なこともあります。

  • 歯周病の有無

  • 歯周病が進行していると、その分歯を支える骨の量が少ないため、健康な歯と同じような力ではなく、少し咬み合わせの力を弱める調整が必要なこともあります。

  • 素材の違い

  • 自然の歯は、金属や、セラミックと硬さが異なるため、被せ物などの時間が経過しているときには、咬み合わせの際の力が製作当初と変わっていることもあるため、調整することがあります。

咬み合わせの調整は、ただ歯を僅かに削っているように見えます。しかし実際には、これらすべてのバランスを考えながら、口の中という3次元の空間にバラバラに並んだ歯の、表面の3次元の凸凹を、あごの動きという3次元の動きにあわせて歯を削り合わせる作業が含まれているのです。



-関連リンク-
「虫歯の原因?悪い歯並びのデメリットとは? 」
「歯ぎしりで歯を痛めないためには? 」
「気になる歯の形…歯の奇形はトラブルの元? 」
「歯並び悪い人にオススメの虫歯予防法! 」
「咬むとぶつかる被せ物! そのうち慣れる? 」
「自然に歯並びが悪くなることはあるの? 」
「歯に物が挟まりやすい…そんな時は要注意! 」
「歯が指で動いたら…これって正常? 」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項