住んでみたい沿線1位は、東急東横線!

自由が丘界隈
駅から離れると、閑静な住宅が連なる自由が丘界隈の街並み
先ごろ大手8社で構成される不動産ポータルサイト「メジャーセブン」のマンション購入意向者に対して行う住んでみたい街のアンケート調査2009年が発表されました。今回は、街とともに「住んでみたい沿線」も調査されています。

●首都圏編住みたい沿線ランキング
1位———東急東横線(3294p)
2位———山手線(3068p)
3位———東急田園都市線(東急こどもの国線含む)(2020p)
4位———JR中央線(東京—三鷹間)(1876p)
5位———小田急線(小田原線、江ノ島線、多摩線含む)(1198p)
6位———京王井の頭線(1010p)
7位———東京メトロ銀座線(927p)
(出典 メジャーセブンマンショントレンド調査vol.11)

東京~神奈川方面に伸びる沿線が人気の高い傾向にあります。交通利便性重視傾向と、再開発もあって山手線が2位にランクされています。

続いて、その沿線に住みたい理由を挙げてみます。

街並みがきれいな田園都市線、活気のあるJR中央線

メジャーセブンの第11回マンショントレンド調査
沿線別の住んでみたい理由。人気沿線でもそれぞれに特徴がある。(出典:メジャーセブンの第11回マンショントレンド調査)

各沿線の住んでみたい理由は、上位項目に交通の便や通勤の便利さが並びますが、「おしゃれ・高級感がある」東急東横線、「街並みがきれい・閑静」東急田園都市線、「商業施設・飲食店の充実・活気」中央線、など各沿線ごとに好まれる理由は異なっています。

交通アクセスだけでなく、沿線としての特徴の有無も人気を左右しているといえます。

次のページ、では、関西のランキング上位の沿線とその理由を紹介します。