シミ、ソバカス、黒ずみ…妊娠するとできやすいの?

妊娠するとホルモン変化の影響で色素沈着が起こったり、またはもともとある部分の色が濃くなります。乳首や外陰部、下腹部の中央線、脇の下などが茶色くなったり、顔のシミが濃くなったりするなどが一番気づきやすいよう。

この色素沈着は、妊娠中に増えるホルモンや、胎盤や卵巣から産生されるホルモンが原因とされます。つまり、自然経過の一環。出産後しばらくするとホルモンも普通の状態に戻りますので、こういった色素沈着も薄くなることが多いようですが、日傘、帽子、日焼け止めクリームなどで気をつけて、紫外線で悪化させないようにしましょう。



*関連おすすめINDEX*
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項