疲れが取れない人必見!! 実は食べすぎが原因かも?

></td></tr><tr><td class= 食べすぎが疲労回復力に深く関係していることを知っていますか?
何となく身体がいつもだるい、以前より疲労感が残りやすい、集中力レベルが低いなど訴える方々は、ますます増えてきています。飽食の時代の中で、食のゆがみの変化と、日常生活が便利になったことで、栄養の過剰摂取と運動不足ぎみな私たちにとって、疲労回復力がますます衰えてきています。

肥満や三高(高血糖・高脂血症・高血圧)、メタボリック症候群が問題視されるようになった昨今は、栄養過剰摂取すなわち「食べすぎ」により身体に大きな変調をきたしているケースが多くなってきています。

そこで、疲労回復力に大きく関与する食の量と質もしっかり見つめなおすことが重要です。あなたの食スタイルは、疲労回復力を向上するような内容になっていますか?


疲労回復力を知る食スタイルをチェックしてみましょう。

時間をかけて食事を作らなくても、外食をしたり、コンビニ弁当やお惣菜を調達してしまえば、手軽に食事を済ませることができます。しかしそんな食生活を続けていると、体の疲労回復能力まで低下してしまうのです。早速あなたの食生活を確認してみましょう。

■ お付き合いなどで、夜多めに食事をすることが多い
■ あまり噛まずに、やわらかいものを好む傾向にある
■ よく食事代わりに、菓子パンやお菓子で済ませることがある
■ 肉やお米を好み、野菜や果物をあまり摂らない方だ
■ インスタント食品やファストフードをよく摂る
■ 缶コーヒーやジュースをよく飲む方だ
■ 食事の量は腹七分目で押さえることはしない
■ 食事を麺類、ごはん類などの単品ですませることが多い
■ コンビニなどで弁当をよく買い、外食が多い
■ 味つけの濃いものが好きだ
■ 衝動的にたくさん食べてしまい、お腹いっぱい満腹になるまで食べる
■ ほぼ毎日お酒を飲むことが習慣になっている
■ 食べることで疲労やストレスを解消することが多い
■ 和食よりも洋食・中華料理系が好きだ

あなたは合計いくつあてはまりましたか?


気になる疲労回復力の食スタイル結果は次のページでご紹介します。