世界的な食品メーカーのネスレが保有する約4000種の乳酸菌の中で、生きたまま腸へ届き、腸の中にとどまる定着率も良いLactobacillus johnsonii(ラクトバシルスジョンソニ以下LC1)の種類を使った製品が「ネスレLC1ヨーグルトプレーン」です。

このLC1は、スイス/ローザンヌにあるネスレ中央研究所で健康関連の基礎研究が行われていて、その研究は多くの学会誌にも報告されており、特に臨床データの多さは関係する研究者に注目されています。

日本ではネスレと雪印乳業のパートナーシップにより誕生したネスレ・スノー(株)が製造発売していますが、問い合わせ先が異なる事から製造は主に雪印乳業がしているようです。発売当初「ネスレ・エブリデイ」という商品でしたが、2002年3月にLC1株を使用している事をよりアピールしている、今の製品にリニューアルをしてきている経緯があります。

LC1ヨーグルトは、明治乳業のLG21と同じく、日本の特定保健用食品(以下トクホ)の認定がいまの所ありません。日本とヨーロッパをカバーする特許が認められているのもLG21と同じ戦略です。
(特許番号(日本)2916350)

トクホ認定がない事を前提にお伝えすると、このLC1株は、腸での定着性に優れている事から、大腸菌やサルモネラ菌などの病原性の細菌が入り込むのを防ぐ働きがある、という可能性について試験管とマウスのレベルの研究が報告されているようです。

特徴
今回のサンプルの中でも硬い質感を持った製品で、味は控えめの甘さにマイルドな酸味がいい感じです。クリーミー度は濃厚の程度も少なく、サッパリした印象です。ネスレ・エブリディからリニューアルされた時に「爽やかさ」を取り入れただけの事はあります。2002年8月からは全国で展開しているので皆様の周りで見かけるようになってきています。


ガイドによる撮影

アイテムデータ
製品名ネスレLC1ヨーグルト
販売元ネスレ・スノー株式会社
関係成分Lactobacillus johnsonii
内容量120g
希望小売価格120円
カロリー(1個)102kcal
甘味/酸味甘★★★★☆酸
クリーミー薄★★☆☆☆濃
硬さ柔★★★★★硬

原材料;
生乳,乳製品,砂糖,乳たん白

注意事項
・原材料などの名称の表現は製品に記載してあるとおりです。
・ここに示した味などの評価はガイド個人の印象によるものです。
・記載している会社名、製品名等は各社の商標、および登録商標です。
・特に本文中では、Rマーク、TM マークは明記しておりません。

関連リンク
ネスレジャパンホールディング株式会社
乳酸菌応用研究会

参考文献
Felley CP, Corthesy-Theulaz I, Rivero JL, Sipponen P, Kaufmann M, Bauerfeind P, Wiesel PH, Brassart D, Pfeifer A, Blum AL, Michetti P.
Related Articles, Links
Favourable effect of an acidified milk (LC-1) on Helicobacter pylori gastritis in man.Eur J Gastroenterol Hepatol. 2001 Jan;13(1):25-9.
PMID: 11204805

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項