近年人気のフルーツ、マンゴーを使ったスムージーのレシピをご紹介します。紫外線が厳しくなる時期、美肌つくりや夏の疲労解消をサポートするドリンクです。

β-カロテンやビタミンC、フラボノイドの抗酸化成分で活性酸素を退治

マンゴースムージー
マンゴースムージー
マンゴーにはβ-カロテンや、ビタミンCが多く含まれ、さらにマンゴーの黄色い果肉の色素はフラボノイドの一種であるエリオシトリンやゼアキサンチン。これらの栄養素・成分は、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、免疫力を高める作用があります。

またビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、美肌作りだけでなく、ストレスや疲労解消にも役立ちます。

今の時期は、紫外線を浴びてしみ・そばかすやシワの原因となる活性酸素が大量に発生しやすくなりますし、疲れも出やすくなります。マンゴースムージーで、お肌もカラダも元気をとりもどしましょう。

ただし、南国のフルーツはカラダを冷やす作用もありますので、冷えが気になる方は控えめに。


●Recipe●マンゴーのスムージー


冷凍マンゴー
冷凍マンゴーは、使いたい分だけ利用出来て便利です。
材料
マンゴー(冷凍)/50g
ヨーグルト/大さじ2
牛乳/100c.c.

作り方
1.ミキサーに、冷凍マンゴーとヨーグルト、牛乳を入れ、ミキサーをまわし、むらなく混ざったらできあがり。
2.刻んだ果肉とミントの葉をトッピングします。

マンゴーの濃厚な甘みでも十分ですが、さらに甘みが欲しければ、メープルシロップか蜂蜜をどうぞ。


■関連リンク
ヘルシーレシピ(食と健康)
黒酢で手作りスポーツドリンク(食と健康)
宮崎のミニマンゴーは手ごわい(産直品・お取り寄せレシピ)

「食と健康」のメルマガは、毎月第1.3月曜日に発行しています。最新記事やおすすめリンクのお知らせ、食と健康に関わるイベント情報や、記事になる前のhotな情報など盛りだくさんです。ぜひご登録を。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。