梅雨の時期に一番注意したいことと言えば「食中毒」
北海道の特養ホームで、病原性大腸菌O-157が原因とみられる集団感染が発生しました!すでに90歳代の女性2人が死亡しており、事態は深刻化しています。食品の保存方法や、台所用品などを清潔に保つことはもちろん大切ですが、予防に効果的な食べ物も積極的に摂っておきたいところ。そこで今回は、O-157を撃退してくれる頼もしい食品をご紹介します。

カスピ海ヨーグルト

京都大学 家森幸男名誉教授が、グルジアから持ち帰ったのがきっかけとなり、一大ブームになったカスピ海ヨーグルト。タネさえあれば、自宅で簡単に培養できることから、主婦の間でことさら人気を呼んでいます。「便秘が治る」「お肌がすべすべになる」といった声も多いようですが、O-157の予防効果もあるとされています。

秘密は、カスピ海ヨーグルトに含まれているクレモリス菌にあります。粘性多糖体という粘り気のある物質を出し、腸内環境を整える働きがありますが、大腸菌O-157の増加を抑えるのにも役立つといわれています。もともとお年よりは、運動不足や腸の運動機能の低下などにより、便秘がちになりやすいもの。日常的にヨーグルトを食べていれば便秘も改善し、腸も丈夫になりそうですね。

納豆

納豆は昔から赤痢、チフスなどの伝染病予防に用いられていた食べ物。O-157の予防効果もよく知られるところです。これは、納豆菌が持つすぐれた働きのため。納豆菌は腸内に入ると、ビフィズス菌、乳酸菌など、つねに腸の中にいる菌は増やしますが、普段は存在しない菌を見つけると、ただちにその増殖を抑えるのです。

O-157ばかりか、胃がんや十二指腸潰瘍の原因とされる、ヘリコバクター・ピロリ菌の増殖も阻害するとか。日本の伝統食材・納豆は、お年寄りにとっても馴染みやすい食品のひとつ。さっそく毎朝の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

緑茶

ご存知、緑茶に含まれるカテキンには、とても強い殺菌力があります。お寿司屋さんでは、必ず「上がり」といって食後にお茶が出されますが、これは、生魚の雑菌による食中毒を防ぐための安全策。O-157だけではありません。カテキンには、腸炎ビブリオ菌、黄色ブドウ球菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌、ボツリヌス菌などをも殺す作用があるのです。

汗をかく初夏から夏にかけては、積極的に水分を摂ってもらいたいもの。お茶は頻繁に出し、水分補給とともにしっかり殺菌対策もしましょう。


【関連ガイドリンク集】
  • "> 在宅医療/リハビリ/未病対策 from All About 介護サイト
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項