コーヒー党に嬉しいお知らせです。昇圧作用があるカフェインを含むため血圧を上げると考えられていたコーヒーに、高血圧になる危険性を増す効果はなく、むしろ下げる効果があることが確認できました。

今回はその詳細についてご説明さしあげます。

コーヒーは血圧を上げるの?

コーヒーはなんと血圧を下げる効果が!
誰でも知っているようにコーヒーの成分カフェインは、中枢神経に直接に働いて覚醒作用があります。また腎臓に働いて利尿作用もあります。

このカフェインは、心筋に直接作用して心筋機能を上げるので血圧を上昇させます。このため、高血圧を引き起こす可能性が危惧されていました。確かにカフェインを注射した場合は昇圧作用があります。しかし、コーヒーを常用している人では、コーヒーを飲んでも血圧はほとんどあがらないことが判明しています。

米国男性では否定された「コーヒー高血圧誘因説」

高血圧の危険因子で重要なのは、なんといっても年齢です。米国の男性医師を30年間に渡って長期追跡した調査があります。結果としては、コーヒーを飲んでも飲まなくても高血圧を発症する頻度に差はありませんでした。

米国女性ではコーヒーで高血圧の危険性が減少

米国ではNurses' Health Study[NHS:看護師健康調査]の追跡調査が、生活習慣と病気との関係について様々な結果を報告しています(なお、看護師健康調査には1976年に設立されたNHS Iと1989年に設立されたNHS IIがあります。NHS IはNHS IIより高齢な集団です)。

看護師健康調査において、コーヒー・紅茶・コーラを飲む習慣と血圧について10年間の追跡調査を行いました。調査では、コーヒー(カフェイン入り・抜き)、紅茶(カフェイン入り・抜き)、コーラ(コーラ・ダイエットコーラ)の6種類を別々に扱っています。NHS IとNSH IIも別々に解析しています。

コーヒーについては、高血圧とは無関係という結果になりました。むしろ飲料が多いと高血圧の危険性が減る結果となりました。1日3杯までは飲まない群と差はありませんでした。4杯~5杯、6杯以上となると高血圧になる危険性がより減る傾向となりました。なお、カフェイン抜きのコーヒーでも似た結果となっています。

カフェイン入り紅茶については、年齢の高いNHS Iでは紅茶と高血圧とは関係ありませんでした。一方、年齢が低いNHS IIでは、高血圧になる危険性が少し上昇しました。

コーラについては、普通のコーラでもダイエットコーラでも飲む量が増加すると高血圧になる危険性が増す結果となりました。現時点ではカフェイン以外のコーラに含まれているどの成分が高血圧に関係しているのかは不明です。

日本人男性でのコーヒーと高血圧の関係は?

日本人に関しては長期観察した報告は残念ながらありません。ただし、男性についてコーヒーの摂取と高血圧の関係を調べた報告はあります。コーヒーを摂取する群の方が高血圧の人の率が少ないという結果になっています。

高血圧が心配な人はオレンジジュースも飲みましょう!

これからは、コーヒーを飲む時に血圧を心配する必要はありません。ゆっくりとコーヒーの香りを楽しみましょう!

以前の記事に書いたように、オレンジジュースには高血圧を予防する効果があります。朝食には、目覚めコーヒーに加えてオレンジジュースも飲みましょう!

関連リンク
高血圧気味で外食の多い人に!オレンジジュース 朝にオレンジジュースを![from All About 家庭の医学]
コーヒーの愉しみ方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項