ぎっくり腰の治療方法

ぎっくり腰、原因、治療方法、ブロック注射治療について説明します。

つらいぎっくり腰でも、仕事は休めません

重い荷物を持ち上げようとした時や、咳をした後、何気なく腰をひねった瞬間に、腰に激しい痛みを感じ、体を動かせなくなったことはありませんか?

寝返りを打つこともできず、トイレもつらい、だけど、仕事は休めない。一度ぎっくり腰を経験された方は、「また起こすんじゃないか」と、いつも腰を気にしているものです。今回は、こんなつらいぎっくり腰から、皆様が一刻も早く解放されるよう、病院で行う専門医の治療方法をご紹介します。

ぎっくり腰になったら

ご自分で動ける方も、全く痛みで動けない方も、まずは病院を受診しましょう。ぎっくり腰の場合、早い段階で病院の治療を受けることで、治療期間を短縮し、再発や腰痛の慢性化を防げます。

病院で行う、ぎっくり腰の治療方法は3つです。

・ 痛み止めなどの薬物療法
・ コルセットを使った装具療法
・ 神経ブロック注射療法

ぎっくり腰の薬物療法の効果・副作用

ぎっくり腰の原因は様々ですが、腰に急性炎症が存在することは確か。よって、ぎっくり腰になって2週間は、しっかりと炎症を抑え、神経の腫れを取り除くために、痛み止め(非ステロイド性消炎鎮痛剤、NSAIDs)や筋肉をほぐす薬を飲みます。

痛み止めには、速効性があり炎症を抑える力が強い薬や、ゆっくりと長時間効く慢性痛向きの薬など、いろいろな種類があります。ぎっくり腰の場合には、激しい痛みと強い炎症が存在するので、痛み止めの中では効き目が早く、鎮痛効果が高いタイプの薬が選択されます。しかし、このタイプは鎮痛作用が強い半面、胃腸障害などの副作用が多いことが問題。例えば、代表的な痛み止めのボルタレン錠では、胃のむかつき・不快症状が9.43%に起こります。

適切な治療を受けず、痛み止めだけで痛みを我慢していると、ぎっくり腰の強い痛みをコントロールできないため、つい大量に飲んでしまったり、長期間痛み止めを服用することがあります。その結果、痛み止めの乱用で胃炎や十二指腸潰瘍、腎臓機能障害などを引き起こす可能性も。最近では、鎮痛効果が高いのに副作用は少なく、速効性のある痛み止めもあります。「COX-2選択的阻害剤(コックスツーせんたくてきそがいやく)」と呼ばれる薬で、セレコックスやロルカムなどが代表です。胃腸に影響を与えにくいこの薬を上手に使うことで、ぎっくり腰の強い炎症も、しっかりと抑えることができるようになっています。

ぎっくり腰では、自分に合った薬を、整形外科、麻酔科、ペインクリニック科で選んでもらうことが大切。胃が弱い方や十二指腸潰瘍を起こしたことのある方は、専門医に相談しましょう。また、痛み止めで喘息を起こしたことがある方も、必ず医師に伝えましょう。

ぎっくり腰の装具療法の特徴・注意点

ぎっくり腰、痛み止め、腰痛、腰が痛い、ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰で薬が効かない時、あなたならどうしますか?

急な動きを抑える必要がある場合や、コルセットで固定することで痛みが軽減する場合は装具を使用します。既製品のコルセットの場合、3000円から8000円程で購入できます。身長や腹周りを測定して、自分に合ったタイプのコルセットを使いましょう。コルセットを着用すれば、ぎっくり腰が起こった時の腰痛を和らげ、動作が非常に楽になります。

しかし、一見無害なコルセットですが、腰痛症の場合、思わぬ落とし穴があります。それでは、コルセットの副作用について説明しましょう。

一度ぎっくり腰を起こし、腰痛症になると、多くの方がしばらくの間コルセットを着けるようです。ところが腰痛が軽減して炎症が治まった後も、コルセットを着けたまま生活を続けてしまうことがあります。なぜなら、ぎっくり腰を起こす方は、日ごろから、腰に不安を抱えていることが多く、コルセットを着用することで、仕事も家事も楽な力で長時間、動作することができるからです。

では、このコルセット生活を続けているとどうなるのでしょうか? 実は、近い将来、再びぎっくり腰を起こしたり、慢性腰痛症を悪化させる可能性を高めます。理由は、コルセットに依存することで自分の腹筋や背筋が衰えてしまい、筋肉で骨格を支えきれなくなるため。急性期にコルセットを装着することは、非常に効果的な治療方法と言えます。しかし、ぎっくり腰後の長期間のコルセット装着は、医師と相談しながら、慎重に行う必要があるのです。

ぎっくり腰の神経ブロック療法

ぎっくり腰、原因、治療方法、ブロック注射治療について説明します。

ぎっくり腰は、早めに専門医の治療を受け、炎症を広げないことが重要です

優れた痛み止めができたとはいえ、ぎっくり腰の激しい痛みを、薬だけで軽減させることは難しいもの。こんな場合に有効な治療方法が、神経ブロック注射治療です。ブロック注射を行うことで、治療期間を大幅に短縮することも可能です。

では、ぎっくり腰の場合に、ペインクリニック科で行われる、腰部硬膜外ブロック注射治療について、具体的に説明していきましょう。

■ 特徴
ぎっくり腰は、神経ブロック注射が最も効果的。1週間に1~2回行います。痛い神経の近くまで、薬が確実に届くので効果が高く、ぎっくり腰の場合、1~2回のブロック注射で、症状が取れてしまう方も多いのです。ペインクリニック科や麻酔科の、外来通院で行われます。

■ 方法
治療ベッド上で消毒を行った後、腰の神経やその周囲に注射針を進め、薬液を注入します。まず、予防接種に使う注射針(直径0.7mm)より細い針(直径0.5mm)で痛み止めを注射し、皮膚の痛みを取った後、太さ約0.9mmの針でブロック注射を行います。進める針の深さは、体格によって3cmから5cmほど。注入する薬液は、痛み止め作用のほか、筋肉を緩める働き、血流を改善させ、神経の腫れを取る効果があります。症状によって、注入量は、5mlから10mlと、差があります。

■ 副作用
針を刺す痛みが、主な副作用と言えます。しかし、ぎっくり腰を起こしている最中は、その腰痛のため、針を刺した痛みが感じにくくなっています。ご安心ください。重篤な副作用は、針穴からの感染、出血、神経障害です。これらの副作用は、報告にもよりますが、0.02%~0.001% 以下であり、専門医の治療を受けることで、さらにその可能性は低くなります。

■ 費用
ブロック注射治療は、保険適用です。3割負担の方で、初診時には3600円ほどで神経ブロック注射治療が受けられます。これに点滴治療や検査料金、内服治療薬やシップ薬の処方料金が別途必要。それでも、通常、合計6000円以内で治療が受けられます(詳しくは、各病院にお問い合わせください)。

■ 時間
ブロック注射後は、約30分間、ベッド上安静が必要です。また、ご高齢の患者さまや重症な症状の患者さまの場合、安静時間が1時間以上になる場合があります。時間にゆとりを持って、治療を受けましょう。

ぎっくり腰で悩んでいる時、最も望むことは「早くこの痛みを取って、普通の生活を取り戻したい」ということ。ぎっくり腰の痛みの元となる炎症を抑え、腰の血流の改善と神経の腫れを取る神経ブロック注射は、痛みを早急に取り除き、効果的に治癒を早める可能性があります。ぎっくり腰を起こして、安静・内服治療だけでは満足いかない場合、治療期間を短縮して一刻も早く痛みから解放されたい場合には、一度、ペインクリニック科を受診してみてはいかがでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。