在宅ワーカーは、自宅を仕事場として作業を行うことが多いですが、あなたのパソコンセキュリティ環境は万全でしょうか。「ウイルス対策ソフトが入っているから大丈夫!」と安心しているあなた。パソコンのセキュリティは、ウイルス対策だけではありません。もう一度一緒に再確認していきましょう。

仕事専用のパソコンを持つ

在宅ワークといえども、仕事環境を整えることは重要。セキュリティ環境について見直してみましょう

在宅ワークといえども、仕事環境を整えることは重要。セキュリティ環境について見直してみましょう

よく「夫のパソコンを一緒に使用しています」という在宅ワーク初心者がいます。仕事を始めたいのであれば、まず自分専用のパソコンを購入しましょう。「アカウントを分ければ問題ないのでは?」という考え方もありますが、いくらアカウントを分けていても一つのパソコンであれば共有されている部分が多くあり、ファイルを見ることができたりと解決策にはなりません。

実際にあったケースで、あるライターの夫が悪性なアダルトサイトを閲覧してしまい、理由はわからないがパソコンの動作環境が大変重くなり、パソコンをリカバリーをしなければならない状態になってしまいました。アカウントを分けていても、リカバリーを行うとパソコン出荷時の状態に戻ってしまいますから、データはもちろん、ネットのブックマークもアプリケーションソフトも全て初期状態に戻ってしまいます。仕事ができる元の状態に戻すために、半日以上かかってしまったそうです。

家族がインターネットを閲覧しウイルスに感染したり、ファイル交換ソフトを使用した場合、パソコン上の保存データが流出してしまう危険性があります。故意ではないかもしれませんが、事故の責任は、個人事業主であるあなたにかかってきます。在宅といえども、仕事用の自分のパソコンを持ちましょう。

パソコンを購入するには、安くなっているとはいえども、まとまったお金が必要です。ただし経費として処理できますので、初期投資と考えて思い切ることをお勧めします。パソコンは、デスクトップタイプでもノートブックタイプでも構いません。自分に使いやすいものを選びましょう。