●応募はしたけれど、返事は来るのか?

Web上にはさまざまな求人・求職サイトがあって、仕事の募集は日々行われています。その中から「これは!」という仕事を見つけて応募するのは、SOHOワーカーとしての“営業”の一つです。

ところが応募はしたものの、採用や不採用か、いや応募したメールを確かに受け取ってもらえたのかさえ連絡が来ないことがあります。これをどう考えれば良いのか? という点は、特にSOHOを始めたばかりの人から相談されます。

ケースバイケースですから、すべてに共通することではありませんが、不特定多数がアクセスできる掲示板に出た募集に関しては、相当な数の応募が殺到していると考えられます。そう、数にして数十から数百にものぼることもあり得るのです。こうなると募集をかけた方がパニック状態になっている可能性も。。。

クライアント側からすると、応募者全員に返事をしたくても出来ないのかもしれません。採用を決定した人か、もしくは実績など更なる情報の提示をしてもらいたい人にのみ、連絡がいきます。残念ながら不採用になった人は連絡がない、ということになります。

個人情報まで提示しているのだから、募集をかけた側もそれなりの誠意を見せて欲しいモノですが、いかんせん、そこまで配慮が行き届くクライアントはごくわずかであるのが現実です。
SOHOワーカーとしては、せめて募集要項に

○月○日までに採用者のみ、連絡します。

という一文を入れて欲しいですよね(クライアント側の方~、どうかご配慮くださいね~)。現在では「連絡が入らないのは不採用だから」と、応募者側が判断するしかないようです。

「もし採用されたら・・・」と淡い期待を長々持ち続けるより、どこかでスッパリ切り替えた方がムダに時間を費やさずに済みます。また私の経験では「朗報は早いタイミングで来る」方が断然多いです。

この他にも、仕事が決まるまでヤキモキすることは多いものです。実は私も・・・