データ入力を仕事とするために

入力作業
作業環境は大切。整理整頓も心がけたい
パソコンで入力業務というと、「な~んだ。カンタン!初心者の私にもできるわ」と思ってしまう方はいませんか?そんな方は要注意。入力業務は単価も納期もシビアな上、2005年4月からの個人情報保護法の施行により、原稿やデータはもちろん、パソコンまで高い自己管理能力が問われる仕事です。

例えば、住所録入力のお仕事を、家族共有のパソコンで行うことは、個人情報保護法に準ずる企業は禁じているハズ。また、正しいネットセキュリティ知識も必要。あなたのパソコンにウイルスが感染し、住所録の個人データがネット上に…と恐ろしい結果になることも?!

Check!仕事環境

効率良く作業を行うためには、まずは職場環境であるあなたのパソコン周りの環境を整えることが大切。以下のリストをみながら確認してみましょう。

・自分専用のパソコンを持っている(家族と共有はダメ)
・サブマシーンを持っている
・プリンタ、スキャナ、普通紙FAXは揃っている。また、備品(紙やFAX用紙)の在庫も準備している
・携帯電話での連絡が可能
・ネットセキュリティについて理解している
・ウィルス対策ソフトを正しく使用し日々更新している
・記憶装置、記憶メディア(外付けHD、MOなど)を持っている
・テンキー(ノートPCの場合)を持っている
・インターネットの接続環境が整っている
・PCのスペックを把握している
・OSやアプリケーションソフトのアップデートをしている
・インターネットで必要な情報を検索できる
・自分専用のメールアドレスを持っている(たまにご主人と兼用の方がいます)

Check!自己アピール

名刺
名刺はもちろん名刺入れも用意しよう
ネットで仕事を見つけた時、知人から仕事を紹介された時など、すぐにアクションできるアイテムを普段から準備しておきましょう。

・履歴書と職歴をいつでも提出できる
・自分が入力業務を行う上でのPRポイントを理解している
・業種入りの名刺をいつも持っている
・ビジネスメールの書き方が身についている
・スーツ(打合せ、面接時のために)を持っている

次のページでは、自己管理とスキルについてチェックしてみます。