今、情報技術産業でIT技術者が著しく不足しています。派遣料金の値上がりに伴い時給アップも期待されます。

派遣料金値上りが起きている?

景気の回復を受けて、企業に人材不足感が広がる中、人材派遣業界においても、3年連続で派遣料金(企業が派遣会社に支払うお金)が値上がりする見通しとなりました。

中でも、IT技術者の不足は著しく、経験やキャリアを積んだIT技術者の派遣料金は高水準で推移しています。企業からの需要の高まりに、派遣会社の供給が追いついていないというのが現状のようです。

■日本経済新聞の記事(2007年2月6日掲載)に、具体的な情報が掲載されていました。

記事によると、IT派遣の求人数は昨年春の2.5倍になったものの、スタッフを供給できている割合は1割未満で、経験年数3年程度のSEの場合、派遣料金は4,500円から6,000円(首都圏)となり、1年前に比べて平均で約4割上昇したそうです。そして、求人の増加の背景には企業向けシステムや家電製品に組み込むソフト開発の需要の拡大、携帯電話やゲーム機、カーナビなどに組込むソフトの需要が増えていることなどが影響していると書かれていました。

そこで、今回はIT派遣に注目し、IT派遣の時給相場や、派遣会社が人材不足を補う為に行っている様々な研修制度や報奨金制度についてご紹介いたします。すでにIT業界で働いている人にとっても、これからIT業界で仕事がしてみたいと考えている人にとっても、新しい技術の習得やスキルUPのチャンスとなりそうです。

IT派遣の時給はどれくらい?

2007年1月のIT派遣の時給ランキングを紹介します。
2007年1月時給相場全国/都内職種12月11月
1位3,000円/-セールスエンジニア8位
2位2,014円/2,202円ソフトウエア開発(SE・PG)2位1位
3位1,624円/1,725円ネットワーク/サーバ関連業務5位2位
4位1,600円/1,779円ITサポート業務6位6位
5位1,594円/1,666円web系業務・hp作成7位5位
6位1,549円/1,637円DTP・CGデザイン7位
7位1,545円/1,800円フィールドエンジニア9位9位
8位1,525円/1,608円評価・解析業務他10位8位
9位1,425円/1,600円OAインストラクター4位4位
10位1,350円/1,783円製図・CADオペレーション10位
(参考:アデコ株式会社 エンジニア系職種別時給ランキング)

「ソフトウエア開発(SE・PG)」、「ネットワーク/サーバ関連業務」は、毎回 高時給の職種として上位にランクインされるのが特徴です。また、今回ランク外だった、「設計(電子・機械・建築)」についても比較的高時給の職種となります。

IT派遣については、資格を持っていて、経験を積んだ人が非常に有利な条件で仕事に就けることは言うまでもありません。

しかし、「ソフトウエア開発(SE・PG)」「ITサポート業務」「web系業務・hp作成」などの職種では、紹介予定派遣も目立ち、インターネットの基礎的な知識があり、新しい知識の習得に積極的な人であれば、未経験でも就労可能なケースも増えてきています。

技術者不足と求人ニーズの広がりから、IT業界未経験の求職者についても就業の機会が拡大しているようです。

派遣会社側も、企業の求人ニーズに答えるため、登録者やスタッフに専門的な技術が学べる研修制度を用意したり、新たに資格を取得したスタッフに報奨金や資格手当を支払う制度等を導入し、人材育成や登録者の確保に力を入れ始めています。派遣料金の高い職種にスタッフを送り込む事は派遣会社にとっても大きなメリットとなるのです。

派遣会社のスキルアップ制度の例については次のページで紹介します。