突然ですが、派遣スタッフの皆様に質問です!

派遣会社から派遣先企業を紹介してもらう際に、
派遣先での事前面接をしたことがありますでしょうか?

「はい。毎回派遣先企業に派遣される前に、人事担当者と面接しています。」
「えっ、派遣先企業に事前に訪問して、面接するのが当たり前ではないのですか??」

などなど・・・
いろいろな派遣スタッフの皆様の声が聞こえてきそうですが・・・

実は、このいわゆる事前面接、行ってはいけない行為なのです。


現在、労働者派遣法では、
事前面接、履歴書の送付、若年者に限定することなどを

「派遣労働者を特定することを目的とする行為」

として禁止しております。


この事前面接に関しまして、
先日ユーザーアンケートを行い、その結果が出ましたのでご報告いたします。

【派遣先での事前面接は今のところ禁止されてますが・・・】

派遣先での事前面接をしたことがある ⇒ 96%
派遣先での事前面接はしたことがない ⇒ 3%

過去の一票

なるほど!と申しますか、思った通りといったところでしょうか。
事前面接は、当然の慣習となっているのが現状のようです。


以前、派遣スタッフを受け入れている派遣先企業の人事担当者様より、この事前面接に関するご質問を頂きました。下記は、その時の私の回答の一部です。


派遣法で事前面接が禁止されてるものの
一部現場では、事前面接が慣習となってしまっているのも事実です。
某大手商社などでは、
「必要人数+αと会い、選抜すること」
を平然と行っていたりもします。

なぜこういうことが起きるかと申しますと、
派遣会社は、お客様である派遣先企業に対して、
弱い立場にあるというのも1つの要因ではないでしょうか。

特に大企業の派遣先などには
いくつかの派遣会社が競合していたりします。

派遣先が「事前に会いたい。」

と要望出せば、他社に負けまいと、
その要望に応えないわけにはいかない
というのが現状なのかもしれません。