いよいよ最終面接という場面です。行きたい会社であればあるほど緊張するものです。最終面接とはいったいどういうものなのか?もしそれが想像と違っていれば、緊張はさらに増してしまうでしょう。
今回は、想定される最終面接の状況についてお話します。備えあれば憂いなし。事前に知っておくべきポイントを考えておきましょう。

そもそも最終面接とは、顔合わせのこと?

いよいよ最終面接。これって顔合わせ?
いよいよ最終面接。これって顔合わせ?
確かに顔合わせだけの会社もありますが、数は少ないです。最終面接とはあくまでも、経営者や幹部クラスの方が、本当に自社に必要かどうか見極めるためのものです。現場では欲しい人材だと考えたとしても、経営者がNGを出すということは残念ながらよくある話です。
あの超有名企業に成長したR社も、比較的最近まで最終面接は経営者自らが行っていました。15分以内に終わることがほとんどだったので、面接に来た方の多くは顔合わせの場だと思われたようですが、実際には選考の場なので、そこで落ちる人もいます。最終面接に要する時間も、30分以内と短い場合や1時間程度行われる場合など、会社によって様々です。

経営幹部に会食に誘われたらどうすべきか?

是非行くべきです。会食に誘われたということは、かなり興味をもたれていると思って間違いないでしょう。一方で、雇用側には相手の本音を引き出そうという思惑があることも事実です。会社は一度雇用してしまうと、簡単には解雇できません。会社にとって本当に欲しい人材なのか、価値観は合うのかなど、普通の会話の中でさりげなくヒアリングをされることでしょう。逆に個人としても、会社の本音などが透けてみえることもあるので、これから入ろうとしている会社を知るには非常に良い機会です。仮にその会社に入れなかったとしても、長い目でみてその後良いお付き合いができるように、人としてきちんと接することが重要です。気をつけてほしいのは、会食のマナーをしっかりと守ることです。時間に遅れないこと、相手にお酒をつがないなど、最低限のところは守りましょう。自信がなければ、あらかじめ予習してから会食に行きましょう。

経営者が最終面談の相手!どう勝負する?