「今年こそは転職しよう」と決心している皆さん。転職の準備は怠りなく進んでいますか。仕事がいつ一段落するのかさっぱり見当がつかないとか、家族が転職に同意してくれないなど、問題を抱えたまま無理して走り出すと、転職先が決まっても辞めるに辞められなかったり、余計なトラブルを招いてそれまでの活動をフイにしてしまうこともあります。転職活動をスタートする前に、今一度、仕事環境や生活環境を整理しましょう。

以下に、事前にある程度まで準備しておくか、見通しを付けておきたい諸々の作業をチェックリストとして挙げました。すでに準備を終えているものには○、そうでないものには×を付けてください。

結果として、×の数多ければ多いほど、準備が不足しているということになりますが、実は、×の数の多寡はここでは問題ではありません。要は、あなた自信の転職にかかわってくる事柄をあらゆる角度からチェックしたかどうかです。×が付いた項目については、どれくらいの時間があれば解決できるのかを勘案しつつ、転職のスケジュールを組んでいきましょう。


●自分自身について
□仕事や会社への不満など、転職を決心した理由は明確になっている
□自分の適性について客観的な判断ができている
□これまで携わった業務を整理し、経験の棚卸しが済んでいる
□自分の強み、弱みをしっかり把握できている
□数年後の自分について、ある程度のキャリアプランを持っている
□自分が望むライフプランについて整理がついている
□新しい会社、仕事を選ぶに当たっての条件を整理した
□希望する条件について優先順位つけている
□転職に影響するほどの健康上の問題はない
□転職活動が長引いても耐えられるだけの精神力を持っているつもりだ


●生活上の問題について
□転職することで金融機関からの借り入れに影響することはない
□住宅ローンの返済についても問題は生じない
□失業することになっても生活を維持できるだけの蓄えがある
□配属先次第で住居の移転を余儀なくされても対応できる
□寮(社宅)を出ることになっても対応できる
□転職することが子供の進学や結婚に影響することは考えられない
□少々給与がダウンしても、生活を維持することができる
□失業した場合の雇用保険受給について制度を理解している
□転職活動に必要な経費を計算してみた


●必要な情報について
□希望する業界の求人動向について情報を集めた
□希望する職種の求人がどれくらいのボリュームがあるかをチェックした
□自分の年齢で応募できる企業がどれくらいあるか調べてみた
□希望する業界・職種の最新動向について情報を集めた
□自分のキャリアがどこまで通用するか、ある程度の見通しがついている
□転職に役立つ情報サイトなどの所在を知っている
□人材バンクを利用する場合の手続きなどについて理解している