(記事掲載日/2007.12.26)

2007年の日本・海外の政治重大ニュースをAll About的に振り返ってみたいと思います。今年、あなたはどんなことが印象に残っていますか? ……振り返りながら、来年のこともちょっと占ってみましょう。

安倍政権崩壊~ねじれ国会

国内政治の2007年トップニュースはやはり参院選での自民大敗、突然の安倍前首相の辞任、そして生まれた「ねじれ国会」、これにつきますね。

安倍前首相の突然の辞任については、いろいろ取りざたされておいますが、ガイドはやはり体調不良が一番の原因だろうとみています。安倍さんの胃腸がストレスに弱いらしい、ということは首相になる前から一部で報じられていたことでした。

やはり政治家の一番の素質は「健康」であること、と改めて感じさせられた、突然の辞任劇だったと思います。

衆参の多数党が異なる「ねじれ現象」はいつまで続くのでしょうか。「大連立」も吹き飛び、いまのところ衆議院解散しかねじれ現象を解消することはできないということのようです。では、いつ衆議院は解散されるのでしょうか?

4月解散説、つまり予算が成立してから解散というのが常識的な見方のようですが、私はあえて「1月解散説」も考えています。1990年にも1月解散は行われています。民主党がまだ態勢を整えていないうちに福田政権が解散に打って出る可能性はあると思います。その場合は通常国会が召集されてから、1月下旬ということになるでしょう。

そして新テロ法案を成立させるため「衆議院再可決」が行われるかどうかも注目ですね。行われれば実にほぼ半世紀ぶり、それに世論がどう反応するか、ガイドとしては気になるところです。

●関連サイト 衆議院再可決、その手続きと歴史

「そのまんま現象」よりも注目したのが……

東国原知事が宮崎県知事に当選した「そのまんま現象」も大きな注目を浴びましたね。このことが、その後の参院選などでのタレント・有名人候補の多数擁立につながった気がします。

しかし、ガイドが注目したのは、統一地方選挙における民主党の躍進でした。

民主党は今まで地方での地盤がうすいという弱点がありました。そのことが、民主党の勢力を安定させてこなかったといえます。

しかし、今年の統一地方選挙では民主党の道府県議会議員や政令指定都市の市議会議員が増えました。県議や市議たちが活躍することは、日本の国政選挙では意外と重要なポイントです。民主党系地方議員の増加が、参院選での民主党圧勝を支えたと、ガイドは考えています。

●関連サイト 07年統一地方選挙・前半戦が終了!

年金問題、薬害問題……多難だった「厚生労働大臣」

さらに今年は「消えた年金」として流行語になるまでになった年金のずさんな管理が明らかになったり、薬害問題に対する国の姿勢が注目されたり、とにかく「厚生労働大臣」の顔をニュースで見ない日はない、というくらい厚生労働大臣にとっては多難の年でした。

しかし一方では、官僚が行っているさまざまなことをなぜ政治がしっかりチェックできなかったのか、ということもいえます。これからは裁判になる前にしっかり「政治決断」をしてほしいところです。

そういうこともあって、政治主導で「公務員改革」をしようと張り切ったのが渡辺行革相だったわけですが、これまた「省の壁」がたちはだかり、うまくはいきませんでした。

偽装食品事件といい、国の根本である「安全」、そして国を支えるべき「公務員」への信頼が大きく揺らいだ一年だったように思います。

●関連サイト 日曜日の用語解説:公務員人材バンク

次ページでは2007年の海外情勢を振り返ってみようとおもいます。