民主党の候補者バトル、序盤戦は1勝1敗!

1月8日、アメリカ・ニューハンプシャー州で行われた民主・共和両党の大統領選・予備選挙。民主党では、ヒラリー・クリントン上院議員が、バラク・オバマ上院議員との激戦の末に辛勝! これに先立つアイオワ党員集会(3日開催)では、逆にオバマ議員が首位で、クリントン議員は3位。クリントン議員は、「変革」を掲げて波に乗るオバマ議員をかろうじて抑え、1勝1敗にもち込みました。一方の共和党では、マケイン上院議員が勝利しましたが、オバマ対ヒラリーの民主党バトルの陰に隠れ、注目度はイマイチ……。

史上初の黒人大統領か、はたまた女性大統領誕生か?!

ところで、オバマvs.ヒラリーの闘いは、なぜこんなに話題を集める? もし、オバマ議員がホワイトハウスの主になれば、史上初のアフリカ系(黒人)大統領! 一方のクリントン議員が闘いを制すれば、これまたアメリカ始まって以来の女性大統領! おまけに、夫のビル・クリントン前大統領と夫婦そろって歴代大統領に名を連ねる偉業を達成! だから、各国のメディアが大挙して取材に押しかけるのですね……。4年に1度、世界の耳目を集めるアメリカ大統領選は、約1年をかけて行われる長期戦。今後も、各州の予備選・党員集会が6月まで続いた後、夏の全国指名大会で2大政党それぞれの公認候補が決定。その後、両党の決戦を経て、年末に新大統領が決まる予定となっています。白熱するオバマ対ヒラリーのバトルは、暑い季節の到来まで目が離せない!と言えそうです。

【関連サイト】
次期アメリカ大統領?!「オバマ氏」とは?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。