5月の第2日曜日は母の日です。この日は母親に普段の感謝の意を表する日として、カーネーションを贈るなどの習慣があるのは、誰でもご存知でしょう。では、母の日の起源はどこにあるのでしょうか?それは意外とご存知なかった方が多いのではないでしょうか?

20世紀初頭のアメリカで生まれた母の日

アメリカの街
母の日の習慣はアメリカで始まった
母の日の「母国」は、実はアメリカなのです。20世紀初頭のアメリカ・ウエストヴァージニア州に、アンナ・ジャービスさんという女性が住んでいました。アンナさんの母は1905年の5月9日に亡くなりましたが、アンナさんは母親のことを大変に敬愛していたのです。そこで自分の母が亡くなっても、母親を敬う気持ちだけは世の中に残しておきたいと思い、母親のための祝日を設ける運動を開始したのです。

アンナさんの運動は徐々に賛同者が増えていき、まずは地元のウエストヴァージニア州で母の日の制定が認められました。そしてその後もさらに運動は全米規模に拡大しながら続けられ、ついに1914年・ウィルソン政権の時に、アメリカ連邦議会は5月の第2日曜日を「母の日」とする法律を可決しました。翌1915年には法律が施行され、世界で初めての国全体における「母親のための記念日」が誕生したのです。

ではアンナさんがこれほどまでに敬愛し、世界中で母の日が祝われる起源ともなったアンナさんの母とは、一体どんな人物だったのでしょうか?

地域社会のために尽くしたアンナの母親

アンナさんの母親はアン・ジャービスといい、11人兄弟の中で産まれ育ちました。しかし当時のウエストヴァージニア州は医療水準も低く、その中で成人したのはアンさんを含めて4人だけだったと言われています。

そのような環境で育ったアンさんですが、敬虔なクリスチャンとして教会での祈りは常に欠かしませんでした。さらに地域の医療・衛生環境を改善しようと、「Mothers Day Work Club」というボランティア団体を組織し、地域における医療補助活動を続けていきました。

→さらにアンさんは南北戦争時にも大活躍しました。