20年間で倍増した「でき婚」

子連れだって”新婚旅行”はできる!

先日もダウンタウンの松本さんが“できちゃった結婚”でついに長年の独身生活にピリオドを打ったことが話題となりましたが、厚生労働省の「平成17年度『出生に関する統計』の概況 人口動態統計特殊報告統計」によると、1980年の統計時には全結婚に占める“できちゃった結婚”の割合は約10.6%でしたが、2004年になると約26.7%と、およそ倍に増えているそうで、「できちゃった婚」は、今や数ある結婚スタイルの中でも、かなりメジャーな存在になっているといえます。

しかし、“できちゃった結婚”の場合、やはり結婚式や新婚旅行などで少し、難しい面が出てきます。
妊娠がわかってから結婚の準備をするため、どうしても時間を十分にかけられませんし、新婦の健康も気遣わなければなりません。
結婚式の場合、最近では、マタニティー仕様のウェディングドレスがあるなど、できちゃった結婚に対応したサービスもいろいろと登場していますが、ハネムーンの場合は、どんなサービスが登場しても、母体の状態によっては断念しなければならないケースも出てきます。

でも、無理していろいろと制約の多い妊娠中にハネムーンに行かなくても、子どもが生まれてから、子どもと一緒であっても”ハネムーン”気分が味わえ、しかも親も子も大満足できる旅があるのです。

そこで今回は、「子連れハネムーン」を成功させる旅選びをご紹介します!