航空博物館に注目!

おもしろくてためになる遊び場の定番といえば”博物館”ですが、交通関連の博物館だけでも、鉄道、車といった定番から船や自転車までさまざまな種類の博物館が全国に点在しています。
そこで今回は、その中から飛行機関連の展示が中心の『航空博物館』に注目してご紹介します!

こんなにあるぞ! 航空博物館

頭の上を行きかう飛行機にも注目!

航空科学博物館(千葉)
成田空港の近くにあり、展示されている飛行機だけではなく、空港を離発着する飛行機が間近に見られて子どもたち大興奮! の航空博物館です。
飛行機だけではなく、ヘリコプター、グライダーなどが、屋内だけではなく、屋外にも展示され、そのなかのいくつかは、実際に搭乗体験(有料)をすることもできます。
また、パイロット訓練用に開発されたものがベースとなっている本格派のシミュレーターは、実際にコックピットを模した操縦席に座れるとあって子どもたちには大人気!
展望台や屋外展示スペースでは、子どもでも簡単に本格的な飛行機の写真が撮影できるので、カメラやビデオはお忘れなく!

かかみがはら航空宇宙科学博物館(岐阜県)
日本の航空産業の草分けの地と呼ばれている各務原市とゆかりのある展示物のほか、日本の航空技術の歩みを紹介した展示が豊富な博物館です。
また、屋外には芝生広場や遊具施設もあるので、子連れのおでかけにはピッタリの場所となっています。

操縦シミュレーターが充実しています

所沢航空発祥記念館(埼玉)
我が国初の、飛行場での飛行が行われたといわれる地が実は所沢。実は現在でも飛行経路と巡航高度などの割り当てを行う、いわば空の交通整理を請け負っている管制センターがあるなど、所沢は飛行機とのつながりがとても深い場所なのです。
その地に建つ『所沢航空発祥記念館』は、館内に一歩足を踏み入れると、とにかくその飛行機の数に圧倒されます! また、子どもたちの学びにつながる展示物も多く、説明できるようでうまく説明できない「飛行機はどうやって空を飛んでいるのだろう?」という素朴な疑問に関しても、わかりやすく解説されています。
”工作飛行機”を作る教室なども定期的に開催。併設の大型映像館では、人気のアニメなどを楽しむこともできます。

青森県立三沢航空博物館(青森)
民間航空機だけではなく、戦闘機の展示が充実している施設です。
また、科学実験工房が充実しており、こちらでは航空分野に限らず、楽しい科学実験を体験することができます。