川から楽しむ花見も、オツなものですよ!
ようやく水ぬるむ季節となってきましたが、桜の花も咲くこの時期、街ばどこに行っても人手が多く、子連れにはなかなか大変です。

そこで提案! 喧騒の街を抜け出して、”水上散歩”を楽しんでみませんか? 日本各地では、水上バスや川下りなど、舟遊びが楽しめるスポットが少なくありませんし、そこから満開の桜を楽しむこともできます。

そこで今回は、水上バスの代表格”隅田川ラインクルーズ”の旅をご紹介。さあ、川の上から家族で桜見物を優雅に楽しんじゃいましょう!

乗船は浅草と日の出桟橋から

乗船場所は、その後の予定のことも考慮して決めましょう
隅田川ラインクルーズは、日の出桟橋~浅草間を約35分かけて運行されている水上バス。

日の出桟橋と浅草、どちらから乗船するかは、もちろん自宅からのアクセスなどにもよりますが、桜のこの季節、隅田川の花見客でにぎわう浅草よりも、日の出桟橋からの方が多少は待ち時間が少ないかもしれません。

また、日の出桟橋は最寄駅がゆりかもめ線ですから、お台場などでたっぷり遊んだ後に、夕暮れ時にサンセットクルーズを気取って船に乗る…… ということも可能なので、家族連れには日の出桟橋からの乗船がオススメかもしれません。(浅草から日の出桟橋便の場合、途中、浜離宮に立ち寄るため、運行時間が5分長くなります)

乗り心地はどうなの?

こちらは最新の水上バス”ヒミコ”。浅草~お台場間で運行されています
隅田川ラインクルーズは、その名のとおり”隅田川”を運行しているので、海上船と違い、激しく揺れる心配はありません。

また、船内はもちろんトイレも完備。さらには飲み物やお菓子、そして限定グッズなどを販売している売店もあります。
のんびりと船旅が楽しめる、座り心地がいい椅子が付いたサロン風の船内のほか、眺望が思い切り楽しめるオープンデッキなどもあります。
子ども連れなら、行き交う船に手を振って楽しむこともできるオープンデッキのほうが、気兼ねなく楽しめるかもしれませんね。

お楽しみポイントは?

d.jpg
橋を下から眺めるなんて、なかなか体験できません!
隅田川ラインクルーズのお楽しみは、なんといってもその眺望。日の出桟橋から眺めるレインボーブリッジ、そしてお台場の眺めは、まるで近未来都市のようですし、隅田川にかかる12の橋の真下を、手を伸ばせば届きそうな距離で走り抜ける体験も、子どもたちにはきっと楽しいはずです。

また、お花見が楽しめるこの時期には(4月8日まで)、通常の航路にプラスして、吾妻橋上流まで回遊してくれるので、隅田川の桜を川の上から眺めることもできます。

ちょっとヒッチコックの「鳥」という映画を思いおこしてしまいます
そしてこれはちょとした裏技ですが、船に乗る前には、川を汚さない程度に、ほんのちょこっとだけ、パンの耳1個程度を持参してみましょう。きっと、ちょっと楽しい体験ができますよ!なにが起きるかについては…… ご自身でお確かめを! 
アッ、ただし、お子さんが”鳥嫌い”の方なら、パンの耳の持参は絶対にオススメしませのでご注意を!


そのほかのオススメ水上バス

横浜シーバス(横浜)
横浜駅東口~みなとみらい~赤レンガ倉庫~山下公園を結ぶ、その名の通り、まさしく”海のバス”。
横浜の観光の足としても便利で、まさに自転車感覚で乗り降りを楽しむことができます。

東京水辺ライン(東京)
一日ゆったりと、気軽に船旅を楽しみたいファミリーにオススメ。
両国~お台場海浜公園~船の科学館~葛西臨海公園~荒川遊園~桜橋~両国を半日かけて回るコースなどを含め、コース設定も多彩。

また、今度のゴールデンウィークには、船の科学館、そして大型コンテナ船など東京湾で働く人々の姿など、普段はなかなか見られない場所の見学ができる<「船の科学館」見学と“浮かぶ教室”クルージング>が開催されるなど、ファミリー向けの企画クルーズも随時開催されているので見逃せません。

大阪水上バス(大阪)
”水都”と呼ばれる大阪だけに、街の中心部の大川を運行し、中ノ島や大阪城など、大阪の歴史に触れることができる航路から、大阪の新しい顔、天保山界隈のにぎわいを海の上から眺められるクルージングなど、航路の種類も豊富に楽しむことができます。

信濃川ウォーターシャトル(新潟)
信濃川沿いにある、みなとぴあ~朱鷺メッセ~萬代橋西詰~万代シティ~新潟県庁~新潟ふるさと村を結ぶ水上バスで、夕暮れ時には周遊タイプのサンセットクルーズなども運行されています。


<関連リンク>
川からお花見を楽しんだら、今度は”お花摘み”も楽しもう!
注目の日帰りお花摘みスポットを紹介!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。