「三世代旅行」を楽しもう!

子どもも、祖父母も、ママもハッピーな「三世代旅行」
子どもも、祖父母も、ママもハッピーな「三世代旅行」
私は、お盆や正月の旅行と聞くと、いつもある中島みゆきさんの歌が頭をかすめます。著作権の関係もありますので、歌詞そのものをここに再現することはできないのですが、要約すると、渋滞をがまんして海に行って、狭い部屋に押し込められるように入れられ、冷めたスープを放り投げるように出される… それが私の夏休み… というものです。

皆さんご存じのように、旅行代金は、年末年始や学校の長期休み、そしれ連休の時期には高くなり、その他の、いわば「谷間の時期」には安くなるように設定されています。つまり繁忙期に旅行に行けば、普段より割高の料金をとられた上に、忙しさゆえに、普段より少し劣るサービスで我慢しなくてはいけないことも多いわけです。

しかし、実際には、子どもが学校に入学してしまうと、まさか旅行のためにたびたび学校を休ませるわけにもいきませんから、どうしても「高値の時期」に旅行をせざるをえなくなってしまいます。そういう意味では、安く、しかも快適に旅行をするのは、子どもが未就学の時代がチャンスといえますが、ママや子どもは平日に行けるとしても、パパは会社を休めない。かといって子どもと2人だけで行くのでは、疲れにいくようなものだし… と、なかなか踏み切れないママも多いかもしれません。

実はそんなときに注目してほしいのが、祖父母、パパママ世代、そして孫で旅行に行く「三世代旅行」なのです。仕事はリタイアして、時間にゆとりのある祖父母と一緒の旅行なら、時期を気にせず出かけることができますし、何より大人の手が多ければ、ママだって旅先で日頃の育児の疲れを癒す時間もとれるというものです。

そこで今回は、「三世代旅行」を成功させるための方法を、ご紹介します!


「三世代旅行」を成功させるためには

三世代旅行の成功させるためには、いくつかの秘訣が…く
三世代旅行の成功させるためには、いくつかの秘訣が…
実は私自身、何度かこの三世代旅行を経験したことがあるのですが、祖父母も、孫も、そしてママやパパもハッピーになるためには、いくつかの秘訣があります。

●滞在型がオススメ!:子連れの旅行で、観光地を転々と移動するような旅行は、まさに疲れにいくようなもの。また、トイレの問題などもあり、祖父母世代においては、バス移動を負担に感じる人も多いようです。

●遊びが選択できる!:例えば海に行って、マリンスポーツしかないのでは、おばあちゃんなどは退屈してしまうかもしれません。同じ海でも、マリンスポーツ以外の遊びも用意されているなど、各世代それぞれに楽しみがあることも大切です

●食事が選択できる!:旅館の食事の場合、時に子どもが食べるものがなくて困ることがあります。かといって洋食一辺倒では祖父母世代にはつらい… そこでバイキング形式などで、各自が好きなものを食べられることも重要です。

>>次ページでは、「三世代旅行」のオススメスポットを具体的にご紹介します!>>