住宅展示場は情報の宝庫です。営業担当者と話したり、モデルハウスを見学することで、家づくりに役立つたくさんの情報を手に入れることができます。ゴールデンウイークは、住宅イベントやフェアを開催している住宅展示場も多いので、ぜひ、家族で出かけてみましょう。

聞きたい質問は4+4で合計8つ

住宅展示場を見学するときには、見て、聞いて、積極的に質問したいものです。そこで、これだけは確かめておきたいという項目について説明しましょう。現地で聞きたい項目は、住宅メーカーそのものに関することが4つ、間取りやプランに関する4つの合計8つあります。

営業担当者の対応と会社の体制について質問

確かめておきたい項目で、住宅メーカーに関することのひとつめは、営業担当者の対応です。

室内

モデルハウスでは積極的に質問してみましょう(写真はモデルハウスのものではありません)

これは、まさに住宅展示場で対応してくれた営業担当者の態度や資質をみようということです。複数のモデルハウスをまわってみるとよくわかることですが、会社によって、営業担当者の教育レベルや営業トークに違いや特徴があります。また、競合他社や自社のシステムについて、実際の説明を聞くことで、その住宅メーカーに対する印象も変わってきます。

できれば、事前にインターネットなどでざっと予習をしておき、疑問点や気になったことを見学の際に、営業担当者に質問してみましょう。そのときの答えや対応の仕方は、住宅メーカーを選ぶときの判断基準になると思います。

2つめは、会社の体制についてです。住宅展示場にモデルハウスを建てて営業活動している会社には、ハウスメーカー、フランチャイズ(FC)、工務店の3つのタイプがあります。どのタイプに属する会社なのかによって、施工やアフターメンテナンスの体制が異なります。

例えば、ハウスメーカーで家を建てる場合は、営業から、設計、施工、アフターメンテナンスといった具合に、家づくりの段階に応じて担当者が変わっていきます。工務店の場合は規模にもよりますが、1人か2人のスタッフが全工程を担当することが多いものです。転勤のあるハウスメーカーに比べ、工務店は地域密着で営業しているため、建築後も自分の家の担当者が会社に在籍しているケースが多いはず。そして、ハウスメーカーと工務店の両方の要素を持っているのがFC制をとっている会社。FCシステムの加盟店である工務店が、施工やアフターメンテナンスを担当しますが、商品開発や部材の仕入れなどはFCの本部が行います。

それぞれ特徴が違い、メリット・デメリットも異なるため、いろいろな角度から質問をして、自分の希望を一番かなえてくれそうな会社、あるいは、相性のよい会社を選ぶようにしましょう。

次ページでは、工法・構造とアフターメンテナンスに関する質問項目をみていきましょう。