家づくりのときには、間取りや外観デザイン、設備機器など、気になることや決めなければならないことがたくさんあります。そんななかで、屋根について深い関心のある人は少ないかもしれません。けれども、屋根の掛け方によっては雨漏りの危険性が高まることもあるのです。今回は、屋根と住宅の寿命を左右する雨漏りとの関係に注目します。

屋根は住宅の寿命を左右する重大な要素


//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/9/0/2/1/101031.jpg
切り妻より寄棟のほうが洋風のイメージとなるなど、屋根の形が外観デザインに大きく影響することは確かです
家を新築するときに、だれもが熱心に検討に検討を重ねる間取りや外観デザイン。それに対して屋根についての関心はどうでしょう。

屋根の掛け方や屋根勾配は外観デザインに大きく影響しますが、あまりにデザインを優先しすぎると、雨仕舞いの悪い家になってしまい、住宅の寿命を縮める恐れもあるので、注意が必要です。このことを念頭に屋根を検討する人は少ないと思います。

複数の屋根を組み合わせたデザイン

最近の住宅の外観はデザインの凝ったものが増え、屋根の形も単純な切り妻や寄棟と言えるものが少なくなっています。大小の切妻屋根を組み合わせたり、切り妻と寄棟を組み合わせるなど、複雑な屋根形状の家をよく見かけるようになりました。

これらの住宅の外観は、奥行や変化を感じさせ、モダンな街並みをつくり出します。けれども、屋根形状を複雑にする場合は要注意です。複数の屋根を組み合わせることで、雨水が流れにくくなったり、雨水が溜まってしまう谷ができてしまうと、長年のうちに雨漏りの原因になるからです。

屋根勾配と雨仕舞いのよさは関係大

また、屋根勾配と外観デザインは密接に関係しますが、雨の多い日本では雨水が速やかに流れるように勾配をつけることが重要です。勾配があまり緩やかだと、雨が流れにくく、日本では4寸前後の勾配をつけるのが一般的です。また、洋風のデザインにするために、軒のない家にすることもありますが、軒がなかったり、軒の出が浅いと、雨水がかかるので、外壁が汚れたり、傷みが早くなります。

次のページでは、雨漏りしにくい屋根について説明していきましょう。