リバースモーゲージという制度をご存知ですか? 所有している自宅を担保に融資を受けるもので、一般の住宅ローンの逆バージョンのようなものです。この制度が普及すれば、老後も自宅に住み続けながら、ゆとりある生活をすることが可能になります。今回は、このリバースモーゲージについて考えていきましょう。

どんな制度なの?

一般の住宅ローンは融資を受けて、そのお金で住宅を購入します。ローンを完済するまで、担保になっている住宅の抵当権は消えませんが、毎月返済をしていくことで、ローン残高は減っていきます。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/8/9/8/4/5948.jpg
モーゲージ(mortgage)とは、抵当という意味。家を抵当にしてお金を借りるわけです
それに対して、リバースモーゲージとは、現在住んでいる自宅を担保に融資を受ける制度です。生存中は定期的に融資資金が振り込まれ、死亡後、担保物件を処分して返済します。ローン残高がだんだん増えていくので、住宅ローンの逆バージョンととらえることができるのです。

この制度はアメリカで始まった制度で、高齢者を対象とした制度です。住む家はあるけれど、生活費が心もとないという高齢者にとっては、住み慣れた自宅にそのまま暮らすことができ、資金を手にすることができるメリットがあります。

融資された資金は自由に使える?

資金の使い道はおおむね自由です。老後の生活資金にしてもよいし、遊行費や医療費に当てることも可能です。そのほか、リフォーム費用にしたり、自宅を人に貸して新しい家に住み替えたり、老人ホームへの入居一時金にすることもできます。担保となる物件を所有していて、年金や預貯金では老後の生活資金にゆとりがない人には便利な制度だといえるでしょう。

ただし、融資される人や担保となる住宅については、さまざまな条件があり、生存中に利息だけを支払うとか、一戸建てが対象でマンションは対象外とするなど、金融機関や商品によって詳細は異なります。

普及しているの?

リバースモーゲージという制度は、アメリカでは政府が関与していることもあり、かなり普及しているようですが、日本ではまだまだという段階。東京スター銀行や中央三井信託銀行など一部の金融機関と東京都、千葉県、埼玉県など自治体(社会福祉協議会などが実施しているケースもある)が取り入れているものの、一般的とはいえない状況です。

持ち家に住み、老後も暮らし続けたいと考える高齢者は多いのですが、現金収入に乏しく、年金に対する不安も聞かれます。こういった状況を考えると、リバースモーゲージという制度がもっと普及するといいように思うのですが、いろいろと複雑な問題があるようです。

次のページでは、この制度の普及を妨げている原因について説明していきましょう。