住戸内外に評価のポイント

「Brillia西千葉」には他物件との差別化ポイントがいくつかある。

ひとつが最上階の内廊下である。一般的には住戸に続く廊下は外に直接面する開放廊下である。ホテルのような内廊下スタイルは都心の高級マンション等にはよく見られるものであるが、郊外型のファミリーマンションでは非常に珍しいと思う。外部からのプライバシーが保たれることはもちろんであるが、荒天時などに風雨にさらされる心配がないのがありがたい。

メゾネットタイプ概念図
メゾネットタイプ概念図

もうひとつ最上階の評価ポイントがメゾネットプランである。

メゾネットとは住戸内に上下階を設けたプランのこと。ここ数年では地下と1階というメゾネットプランは時おり見かけたが、最上階に設けているケースは、都心の高級マンションや大規模マンションの一部以外ではあまり記憶がない。「Brillia西千葉」のような郊外型・小規模・中低層マンションでは尚更珍しいと言えると思う。

最上階のメゾネットプランの評価ポイントは何よりもパブリックとプライベートの分離である。一般的にマンションは限られた空間にリビングや寝室などの各居室を配しているが、限られた空間であるが故にどうしても居室の独立性には限界がある。その点当物件のメゾネットプランは廊下に面していることの多い洋室が上階にあり、その独立性は非常に高い。寝室としての用途に最適であるばかりでなく、立地の特徴である“文教エリア”のマンションとして子供の勉強部屋としての使い勝手を考慮したのだろうか。

リビングダイニングルーム(メゾネットタイプモデルルーム)
リビングダイニングルーム(メゾネットタイプモデルルーム)

また「Brillia西千葉」は勾配屋根を採用している関係で、上階の天井高が最大2.7mも確保されているというのも大きなメリットになっている。モデルルームになっている実際の住戸を見ると、高い天井高ゆえに南向きの窓から差し込む明るい陽射しと合わせ、ゆとりのある空間が感じられた。

もちろん、最上階のみならず下層階も非常に明るい空間が広がっている。建物は全戸南向きで、周囲を高い建物に遮られていないことが何よりも大きなポイントだろう。

子育て、教育に適した住まい

現地を訪れた日、完成済の建物には全戸南向きゆえに1階から最上階まですべての部屋に柔らかな陽光がたっぷりと注がれていた。

閑静な住宅街に調和する白い外壁タイル
閑静な住宅街に調和する白い外壁タイル

既存の住宅地の一画、静かで落ち着いた住環境。そして千葉を代表する“文教エリア”。子供をのびのびと育てたい、かつ成長するに従ってどんどん気になっていく教育環境。「Brillia西千葉」は、そんなファミリー世帯に評価されているマンションである。

提供:東京建物株式会社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。