歴史ある学園都市の人気の必然

東京都下エリア「ひばりが丘」に、「学園町」を中心とする“知る人ぞ知る”人気の邸宅地がある。誰もが知るような有名な邸宅街ではないが、教育関連のことに詳しい人であれば思い当たるかもしれない。

「自由学園明日館」<br>帝国ホテルの設計も手がけた巨匠フランク・ロイド・ライト設計(重要文化財)
「自由学園明日館」
帝国ホテルの設計も手がけた巨匠フランク・ロイド・ライト設計(重要文化財)
名前があらわす通り、その由来はこの地にある「自由学園」にある。「自由学園」は、初等部や中高一貫の女子部・男子部を中心に独自の教育で定評のある学校で、大正10年に創立、80年以上の歴史をもっている。

その「自由学園」が昭和初期、目白雑司ヶ谷から移転してきた時、学園の敷地約10万坪のうち約7万坪を学園関係者に分譲したことから誕生したのが「学園町」である。つまり志を同じくする人々が周辺に暮らすことで、学校内のみならず周辺も含めた良好な教育環境をつくり上げ、理想の教育を実現することを目指した、ということであろう。

そうした理想の学園都市としてスタートしてから70有余年、そこにつくられた街に憧れ、また評価する人々が暮らしを受け継ぎ、学園とともに長い歳月を経て今に至った。「学園通り」を中心とするその街並みが、美しい閑静な邸宅地として不動の評価を受け続けているのは、ある意味必然と言える。

閑静な住環境と都市の利便性の両立

「Brilliaひばりが丘」は駅徒歩5分。その最寄駅である「ひばりが丘」駅南口は、駅前広場を中心に複数の大型商業施設が建ち並ぶ発展著しいエリア。駅からマンションに至るわずか5分のアプローチで、生活の用はあらかた済ますことができるだろう。しかも「ひばりが丘」駅は急行停車駅で、池袋駅まで2駅15分、新宿駅まで20分など、時間距離で考えれば都心近接とも言えるアクセス環境である。

高い利便性を持つ都市エリアと閑静な邸宅街が交差する絶好のポジション
高い利便性を持つ都市エリアと閑静な邸宅街が交差する絶好のポジション

そんな優れた利便性をもちながら、「Brilliaひばりが丘」が誕生するのは先に述べた「学園町」の“玄関口”ともいうべき、緑豊かで木陰が美しい「学園通り」に面した立地。そして、ちょうどマンションを境にして、通りの先、両サイドに広がるのは第一種低層住宅専用地域のため、高い建物が全く見当たらない閑静な邸宅街。駅前に聳え立つかのような高層マンションとは全く趣を異にする住環境である。

落ち着いた静かな住環境を求めると、駅近というような利便性を妥協せざるを得ないというのが住まい選びの常であるが、「Brilliaひばりが丘」では、このような相反する条件を両立させる“玄関口”という立地が大きな評価ポイントとなっているのである。

また、最近のマンション用地としてはあまり聞かなくなってきたが、このような好条件をもつ立地が、以前はメガバンクの社宅であったことは偶然ではないだろう。
周辺の閑静な住環境が窺える緑豊かで美しい「学園通り」の街並み
周辺の閑静な住環境が窺える緑豊かで美しい「学園通り」の街並み

次のページでは好立地にプラスされる価値について