「文京区」の住宅地としての「護国寺」を知る

護国寺(約680m、徒歩9分)

護国寺(約680m、徒歩9分)

住まい選びに際して「行政区」のイメージや特徴は大きなポイントになる。“都心に近い”といった物理的な要素はもちろん、“住環境が良さそう”などといった印象も重要だ。「文京区」はどうだろう。区のほとんどが山手線の内側にすっぽりと入る都心に位置しているが、区内にJRの駅が無く、住宅系の地域が多いためいわゆる繁華街のような喧騒とは無縁だ。また東京大学をはじめとして多くの大学があり、私立や国立付属の小・中学校・高校が点在していることから“文教イメージ”の強いエリアと認識されている。

「ザ・パークハウス 文京護国寺」現地周辺図

「ザ・パークハウス 文京護国寺」現地周辺図


では、そんな「文京区」の中で「護国寺」周辺はどんな位置付けなのだろうか。恐らくは、江戸時代初期に創建され皇族や多くの歴史上の人物の墓所がある「護国寺」自体の印象が強く大きいため、周辺の街の様子などはよくわからないという人が多いだろう。実際には有楽町線江戸川橋駅近くから北にまっすぐ音羽通りがのび、東側が見事なバラ園で有名な「鳩山会館」のある高台の住宅地、西側が「椿山荘」で有名な関口・目白台のやはり高台の住宅地、そして音羽通りの突当りが「護国寺」である。音羽通りはもともと「護国寺」に至る参道で、ゆるやかな昇り道。さらに「護国寺」敷地内にも階段があるので、周辺もかなりの高台になっている。

「ザ・パークハウス 文京護国寺」はそんな高台の一画、「護国寺」の北側に隣接するロケーションである。そして実は「護国寺」の北側には閑静な住宅地が広がっている。「護国寺」自体がひとつの大きな森のような存在であることに加えて、西側にも緑豊かな「雑司ヶ谷霊園」が広がる。これほど広大な緑に囲まれた住宅地は、文京区内はもちろん都内でもそう多くはないだろう。

「ザ・パークハウス 文京護国寺」現地周辺の高低差概念イラスト(イラスト上に表記の高さは標高を表します)

「ザ・パークハウス 文京護国寺」現地周辺の高低差概念イラスト(イラスト上に表記の高さは標高を表します)



文京区内の“異質”なロケーション

「ザ・パークハウス 文京護国寺」の立地する「護国寺」周辺は、ほかの文京区の住宅地同様に閑静な環境が広がっている一方で、その立地条件の特徴からちょっと“異質”な条件を持っている。冒頭にも記した通り文京区にはいわゆる繁華街が無いが、「ザ・パークハウス 文京護国寺」周辺は「サンシャインシティ」が目と鼻の先というポジションなのだ。現地から徒歩10分、つまり「サンシャインシティ」をはじめとする副都心・池袋の街が徒歩圏にあるということだ。もちろん一般的な生活利便施設は区内至る所に充実しており日常生活はいたって便利なのが文京区だが、巨大な商業集積地であり、文化・アミューズメント施設等々が揃う街がごく身近にあるのは大きなアドバンテージと言えるだろう。

「広大な護国寺の緑を眼下に、副都心・池袋を間近に」 ※現地周辺建物(現地より約520m・高さ46m)より護国寺・現地方向を撮影(平成24年2月)した写真に、一部CG処理を施しており、実際とは異なります

「広大な護国寺の緑を眼下に、副都心・池袋を間近に」 ※現地周辺建物(現地より約520m・高さ46m)より護国寺・現地方向を撮影(平成24年2月)した写真に、一部CG処理を施しており、実際とは異なります


また「ザ・パークハウス 文京護国寺」の立地条件のメリットとして、ふたつの東京メトロが利用可能だということが挙げられる。最寄りの徒歩6分「東池袋」駅からは有楽町線で永田町・有楽町へ、そして徒歩10分の「新大塚」駅からは丸ノ内線で大手町・銀座へ、である。目的地によって使い分けが可能なのはもちろん、意外と時間と労力のかかる乗り換えの不便さが軽減されるのが大きな魅力だと言える。

交通図

交通図



次ページでは、 作り手のこだわりがうかがえる商品企画について