ツナシマ・体感型ショールームオープン
 

今年、創業60周年を迎えた(株)ツナシマ商事は、マジックシェフ社のガスレンジ、アマナ社の大型冷凍冷蔵庫、アスコ社の食器洗い機や衣類洗濯機・乾燥機など海外の高品質なキッチンアプライアンスの輸入販売元として歴史を築いてきた企業として知られています。
そのツナシマ商事が今年から輸入販売を開始したブランドがVIKING(バイキング)社です。アメリカのキッチンマーケットの中では最高級のハイエンドキッチン機器ブランドとして著名なメーカーで、そのデザインと魅力的な高性能はカタログやウェブサイトからはなかなか実感しにくいものがあります。
千代田線湯島駅5番出口から徒歩3分足らずにあるツナシマ第2ビル・アネックスの2階に完成したショールームは12月20日から一般公開されます。

 

 
このショールームのデザインコンセプトは、全ての機器が実際に使って確かめてみることができる「体感型ショールーム」であることです。
給排水、ガス、電気、給排気のシステムを完備したこのショールームには、フリースタンディング型とスライドイン型のガスレンジが5機種、クックトップが9機種、レンジトップ2機種、ウオールオーブンが3機種、ビルトイン電子レンジ1機種、クッキングウオーマー1機種、レンジフード3機種、食器洗い機7機種、冷凍冷蔵庫12機種、アンダーカウンタ冷蔵庫1機種、ディスポーザー1機種、ワインセラー5機種、洗濯機・乾燥機の組合せ4セットの総計58機種がすべて実演可能となっています。
 
キッチンデザインはブラックとホワイトのツートンカラーでシンプルにまとめたインテグレートキッチンに、VIKING社のデザイナーシリーズのキッチン機器がビルトインされています。
このクックトップはホワイトフェースの電気式ラジエントヒータ・クックトップ、レンジフードはヤマゼンのクックフードル。
 
左トールユニットの上段にはビルトインタイプの電子レンジ。下段にはビルトインタイプのコンベクション電気オーブン。このオーブンにはTRUCONVECというダイアル設定があり、パテントとなっているコンベクションファン周りのヒーターエレメントで、庫内温度を均一に加熱できるためビスケットやクッキーなら一度に6段まで同時にムラなく焼き上げることができる。
 

コーナー左とシンク右下にはASKOのビルトイン食器洗い機。シンク左下にはVIKINGのアンダーカウンタービルトイン冷蔵庫を組込み。

 
ショールーム中央にはフリースタンディングタイプとスライドインタイプのガスレンジ5機種とビルトイン食器洗い機が2機種セットされている。右からマジックシェフ20インチ・コンパクトタイプガスレンジ、コンパクトといってもオーブン容量は64リットル。次の大型ガスレンジがVIKINGプロフェッショナルシリーズ36インチモデル。3800Kcalのバーナー4口と中央はグリドル(網焼き)やグリル(鉄板焼)がチョイスできる。
続いてアンダーカウンターのASKO食器洗い機とASKO60センチ幅ガスレンジが並ぶ。
 
アイランド反対側手前にはマジックシェフ30インチ・スライドインタイプガスレンジ、まん中にWhiteWestinghouseのビルトイン食器洗い機、奥には30インチフリースタンディングガスレンジが並ぶ。
 

 
■ 「キッチン・掲示板」では ■
キッチンに関する様々なご質問にお答えしています。

新築やリフォームの時、
キッチンのことでわからないことがあったら、
キッチン掲示板をご利用ください。 1
掲示板への書込みはこちらからどうぞ!
 
 
(C)Dec.2004 CopyrightHIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.