試して合点!使って納得シリーズ! Vol.28
鉄分補給で健康な体を!
お湯がまろやかになる南部鉄瓶

 

皆さんは、毎日使うお湯を沸かすのにどんな道具を使っておられますか?
やかん、電気ポット、コーヒーメーカー?それとも直接給湯機から?などなど各ご家庭によって様々だと思います。
先日盛岡への講演旅行のあと時間を作って南部鉄瓶の工房を7カ所ほど訪ねてきました。そんな中で見つけたお気に入りの鉄瓶がこれです。
盛岡市内にある鈴木盛久工房で買い求めたものです。約400年の歴史を持つ旧南部藩御用鋳物師鈴木家15代当主志衣子盛久の作品には独特の気品が漂います。


■南部鉄瓶の使い方
前日の夜に浄水器を通して汲み置きしておいたやかんの水を、鉄瓶に注ぎます。鉄瓶の表に水がかかったときは綺麗に拭き取っておきます。この鉄瓶8分目で丁度1リットルのお湯が湧かせます。 

南部鉄瓶とIHクッキングヒーターとの相性はとても良く、中火の状態で3分もすると丁度炭火の上で松濤の音をたてるようにシューッと湯気が注ぎ口から出てきます。沸騰すると注ぎ口から熱湯が噴き出してくるので、手早くIHのスイッチを切ります。
この鉄瓶の大きさは外径が18cmで底径は9cmですが、IHが問題なく使えます。南部鉄瓶だからすべてがIH対応という訳ではないようなので、購入時には確認してください。

嬉しいことにこの鉄瓶のツルの部分は中空になっており、熱が殆ど伝わらないので素手で持てます。蓋はチンチンに熱くなっていますから、硬く絞った布巾でおさえながら湯を注ぎます。
鉄瓶で沸かしたお湯には鉄分が溶け込むため、貧血気味の方や高齢者の方にもとても良い湯沸かし方法です。もうひとつの特徴はとてもまろやかな味のお湯になるため、お茶や紅茶・コーヒーは勿論のこといろんな料理に使うお湯としても最適です。

使い終わったあとは、鉄瓶がまだ熱いうちにお湯を完全に切り、蓋を取っておきます。余熱でたちまち内部の水分が蒸発してカラカラになります。必ずこのようにして内面をカラカラにしておくと錆の発生を防ぐことができます。
茶道の先生がたはご高齢にも関わらずカクシャクたる方々を多くお見受けするのは、お薄やお濃茶の効用もあると思いますが、鉄釜や鉄瓶で沸かすお湯の効能も忘れてならないと思います。さあ皆さんも南部鉄瓶を使って健康な日々と毎日のお茶をお楽しみください。
このあとのページでは、南部鉄瓶のふるさと盛岡市内の鉄瓶工房や市内の建築などをご紹介します。


■毎週発行!!無料「キッチンメルマガ」をぜひご購読ください■
キッチンに関わる様々な情報を発信しています。
こちらから登録できますので、よろしく!

(C)JUNE. 2006 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.