試して合点!使って納得!シリーズ Vol.33
エレクトロラックスIH卓上クッキングヒーター

1月も今日で終わりますが、まだまだ寒い毎日が続きます。こんな寒い日には鍋料理が一番ですね!
カセットコンロを使って鍋料理を楽しまれる方が多いと思いますが、今回ご紹介するのは今話題のIHクッキングヒーターで一口タイプの卓上型です。100V電源タイプなのでテーブルの上で使え、安全で手入れがしやすいスマートでコンパクトなのが嬉しい熱源です。話題のIHクッカーってどんなものか使い慣れるためにも便利な道具です。

このIHクッキングヒーターは昨年9月からすでに半年近く使っていますが、今年の冬の鍋料理にほとんど毎晩のように大活躍してくれています。
IHクッカーはご存知のように、マグネットのつく磁性体の鍋を使う必要があります。土鍋、アルミ鍋、銅鍋、耐熱ガラス鍋、直径が12センチ以下のソースパンのような小鍋などは使えません。



一番出番が多いのが、このフィスラーPRO COLLECTIONシリーズ・24センチサーブパン(80-358-241)とガラスカバーを組み合わせた鍋です。
フィスラーのPRO COLLECTIONシリーズ・パスタ鍋のキッチンガイド記事もご覧ください。

中身が見えながら鍋料理が楽しめるのが、IHクッカーで使える耐熱ガラス岩城ガラスのIHスーパービジョンシリーズ24センチ(TBK-EL24IH)です。
IHスーパービジョン耐熱ガラス鍋は、ホームメイドクッキングのガイド記事「メバルのアクアパッツア」で取り上げています。

もうひとつよく使う鍋が、日本マイヤーのサーキュロン INFINITEシリーズ24センチ両手浅型鍋 (CI-WA24)です。パエリアのように焦げ付いても強力テフロンのノンスティック加工がされた鍋は手入れが非常にし易いのが特徴です。2006年度のキッチンオブザイヤー「調理器具賞」を受賞した商品です。

他にも3年前のガイド記事「鋳物ホーロー鍋が大ブレーク」でも取り上げた、人気のルクルーゼDIVABRICOなどの鋳物ホーロー鍋を使ったフォンデューや天ぷら、串揚げなど色々な料理を楽しむことができます。



本体を真上から見たところです。100Vの家庭用コンセントで使える点と、外形寸法が幅310mm、奥行350mm、高さ39mm!と非常にスマートで薄型なためテーブル上でも違和感なく使えるのが魅力です。

 


品番EIH-1628 仕様

 消費電力
 最大1200W(400W~1200W)
 保温温度
 3段階(60度C/75度C/90度C)
 揚物温度
 3段階(160度C/180度C/200度C)
 火力
 9段階(400W~1200W)
 タイマー設定

 1分~9時間59分(1分単位で設定可能)

 タイマー予約
 1時間~9時間(1時間単位で設定可能)
 表示部
 カラーLCDディスプレイ
 スイッチ
 タッチセンサー式
 寸法
 幅310mm、奥行350mm、高さ39mm
 重量
 2.9Kg
 電源
 100V 50-60Hz共用
 電源コードの長さ
 2.5m



本体裏面を見たところ。右下にファンが見える。
 


■エレクトロラックス製品は、エレクトロラックスジャパンの公式サイトをご覧ください。
エレクトロラックスジャパンのショールーム訪問のキッチンガイド記事もご覧ください。
■このIH卓上クッキングヒーターはヤマギワリビナ本店またはヤマギワオンラインショップで購入できます。


 (C)JAN. 2007 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。